ジョニー・デップが共同経営していたこともある LAのナイトクラブ The Viper Room

Subscribe with livedoor Reader

こちら「2013年 とうとうSchecterがアンプも手がけることになりそうです♪」でご紹介しました Hollywood Metalのバンド「Butcher Babies」ですが、The Whisky a Go Goなどゲイとクラブで有名な HollywoodのSunset Strip地区から生まれた新しいジャンルということで、HollywoodのSunset Strip地区と、Hollywood Metalの代表バンド「Rhapsody Of Fire」もちょっとご紹介です。

LA(ロサンジェルス)のナイトクラブ「The Viper Room」は、ご存知の方も多いと思いますがお洒落でハイセンスな流行発信地としても知られるウェストハリウッド(West Hollywood)にあります。(ちなみに、年に1回ここウェストハリウッドのサンタモニカ大通り(Santa Monica Blvd.)でゲイパレードがあり、一部にはゲイの人口密度が非常に高いというイメージも同時にあります。)

まあ、このエリアの中心でもあるサンタモニカ大通り(Santa Monica Blvd.)にはコンセプトハイなレストラン、バー、ショップがとにかく多く、また個性的な店が並ぶショッピングストリートでもあるメルローズアベニュー(Melrose Avenue)は東京で言うところの原宿で若い子で賑わっていたりしてます。


View Larger Map

それでナイトクラブ「The Viper Room」もあるSunset Strip地区にはライブハウス「Whisky A Go Go」、「The Roxy Theatre」、「Troubadour」、「The Key Club」やレコードショップ、クラブなどがあり夜遅くまで若者がたむろってるような場所でもあったりします。

実は、「The Viper Room」は映画俳優ジョニー・デップが2004年まで共同経営していたナイトクラブで、若いハリウッドスター達の溜まり場としても有名。リバー・フェニックスやキアヌ・リーブスもかつてここのステージでセッションをしてました、はい。



Johnny Depp talks about viper room


Rhapsody Of Fire - Sea Of Fate


Butcher Babies - Mr. Slowdeath


COMMENT 0