Jet City JCA20H Dave Friedman mods がお値段的にお手軽になったようです。 - Jet City Amp

Jet City JCA20H Dave Friedman mods がお値段的にお手軽になったようです。

こちら「Jet City JCA20H Dave Friedman mods going cheap」から、久しぶりにJet City Ampです♪

Dave Friedman (Rack Systems Ltd) Marshallと同じトーンにするにはちょっとお金が掛かりすぎるという方に、まったくMarshallという訳ではないですが、100Wクラスになりますと$3000位かかります♪

もうちょっとずっと下の20Wクラスですと、John Sykes風トーンのDave Friedman Brown Eye MODがありましてほぼJose Modded Marshallヘッドのようなアンプを手に入れることができます。さらに、サチュレーションSW、あるいは追加でループが付いたりといい感じです。




しかーし、もっといいニュースはDave氏がJet City社と提携が上手くいったようで、jetcityamplification.comのサイトからこのMOD込みのヘッドで何と$499で購入できるようです!

あるいは、全く逆の方向としてJCA20H-BVC Ben Verellen Clean Modというのもありまして、こちらはSeattleアンプのドンであるVerellen AmplifiersのBen Verellen氏によるJCA20Hのハンドメイドの改造/MODでして、Ben Verellen氏はプリ部から徹底的にドライバーを減らしまして20Wで得られる最大のヘッドルームを実現し、ゲイン最大でもクリーントーン全開で鳴らせるアンプにしています。(こちらも$499.9です)




そして、一旦マスターボリュームを大きくして開きますと、クラッシックですがダイナミックでレスポンスのよいパワー管が歪み出し始めます。ということで、ある意味このようなヴォイシングはRolandのジャズコ「JC-120W」何かのように「JCA20H-BVC」もエフェクターあるいはコンパクト・エフェクターのための完璧なアンプとして使えます。そして、アンプに刻まれた文字「V」は何とアイロンで焼き押ししたというちょっと他にはないテーストになっています♪


COMMENT 0