この小ささで何でしょうか? 当てて下さい Electro Harmonix 44 Magnum

Subscribe with livedoor Reader

この小ささで何でしょうか? 当てて下さい Electro Harmonix 22 Caliber」の第2弾ということです♪

2010 NAMM Summerで発表されたばかりの「Electro Harmonix 44 Magnum」はこの小ささで何でしょうか?(これを初めて見た人のために表現は前と同じにしてタネ明かしは後でということで)

ちなみに、エレハモのエフェクター中最っとも小さいnanoサイズです。えっ、そうMesa BoogieのCaliber 50なんかの、また別のアンプシミュレータかブースターって?はい、当たりです!

って本当?いえいえ、外れです。これコンパクト・エフェクターにしか思えないサイズですね?しかーし、18V電源の専用ACアダプターに強化され、インピーダンス8 / 16Ωのスピーカーキャビネットに対応しています!

それもそのはずです、出力は予想通りな感じの何と44Wのスウィートなサウンドを出してくれます。例えば、ボリュームを上げればマスターボリュームなしのビンテージアンプのドライブトーンになります!さらにスイッチをブライト側にすれば、尖ったサウンドになります。

Electro-Harmonix 44 Magnum Power Amp


えっ、何ですって?アンプヘッド?そんなはずないじゃないですか?頭可笑しくありませんか?って言いたいぐらいなんですけど、はい正解です!何と何とのギターアンプヘッドです!!

世の中、何が何か分かりませんが、要はFETでアンプ回路を構成して実質44Wの出力ができるクラスD駆動のソリッドステートアンプみたいなもんでしょうね。

まあ次のYoutube動画見ればDAIGOじゃないけど「確かに!」って感じです。私はこれじゃないんですが22W版の22 Caliberを実は持っていてお遊びで仲間の前でギターをこれに繋いでさらにキャビネットにつけようとします。

すると、みんな必死こで止めて、ちょっと哀れんだ目で見てくれますので、その対応を楽しんでいます。でも、パワーアンプなんですから間違っていません、楽しいですよ♪

ちなみに、これからもElectro HarmonixはMig 50, 60, さらには100というSovtek Mig?風なパワーアンプも投入するということらしいです♪

New Electro-Harmonix pedals at Summer NAMM 2010


COMMENT 0