KRANK REV JR. PRO 50W 8.5万円ポッキリ♪

こちら「そっか~Mesa/Boogie Transatlantic TA-15 9.2万円ポッキリ♪(更新)」や「最近流行りの小型アンプですが、もうちょっと賢く購入してみませんか? (更新)」でも取り上げましたように、あまりにも法外に高い小型アンプがまだまだ日本には多いですね~♪

ということで、ピン撥ね率が激烈に高い株式会社xンダートーンさんのKrank社製品について、日米価格比較をまとめてみました。随時更新していきます。私ですと、込み込みKrank Rev Jr. Pro 50Wなら8.6万円で、KRANKENSTEIN JR. 50Wなら9.6万円で、Rev SST 200W Hybridなら10.6万円Revolution One Plusなら18.9万円ポッキリで引っ張ってきます~是非是非こちらに問い合わせてください♪

こちらのアンプはドイツではなく、古いアンプ等のリペアから始めたアリゾナ州の小さな工房から生まれたアンプメーカーです。製作者トニー・クランク氏はこれ迄のハイゲインアンプのメリット&デメリットを徹底的に調べ、本当に必要な機能は何か追求して生まれたRevolution-1の設計で一躍有名になったアンプメーカーさんです。

Dimebag Darrellも最後に愛した入魂のシグネイチャーKrankensteinや、Dimebag DarrellシグネイチャーKrankensteinとほぼ同じでもう少し幅広い音作りが可能なヘヴィ系の新定番となりそうなRevolution 1+もハイゲインアンプの代名詞になりました。

ですので、これまたいいハイゲイン・アンプですので、是非々安く々ゲットして、このアンプの良さを試してみて下さい♪ Fx Boost SWは特筆でloop使用時の音の変化がほぼありません。詳しくは下記の記事を参照ください。

Effects Loop機能は愛憎相半ばする関係(love-hate relationship)?

Krank社アンプ一覧
メーカー製品名日本米国日/米比ピン撥ね率
KrankRev Jr. STD
20W/ 8.4Kg
8.9万円4.8万円
($549)
1.867%
(+3.2万円)
KrankRev Jr. Pro
50W/ 12.7Kg
15.8万円

※12.0万円
(株式会社xンダートーンさんから直接購入した場合)
6.2万円
($699)
2.5

※1.9
130%
(+8.2万円)

71%
(+4.4万円)
KrankKrankenstein Jr.
50W/ 11.5Kg
-6.8万円
($769)
--
(-万円)
KrankRev SST 200W Hybrid
200W/ 13.2Kg
16.8万円8万円
($899)
2.193%
(+7.4万円)
KrankKRANKENSTEIN PLUS
120W/ 21Kg
24万円15万円
($1699)
1.646%
(推定+7万円)
KrankRevolution One Plus
120W/ 21Kg
27万円14万円
($1599)
1.978%
(推定+11万円)
※便宜上1ドル=88円換算とし、日米の最安値は楽天/Google Shoppingでの新品販売の
実勢価格の最安値(バーゲンは除く)としました。


Krank Rev Jr Pro - amp demo


NAMM 2010. Krankenstein Jr presented by Rich Ward of Fozzy and Stuck Mojo


Krank Rev SST 200W Sound Clips Live at the Krank Factory

Krank Amps Revolution Plus & Krankenstein Plus Demo

COMMENT 0