Koch LoadBox II/ LB120-II ~ マイク・シミュレーター ~

ギターやアンプだけでなく、サウンドを拾うマイクにもこだわりのあるギタリストは多いと思います。ということで、マイクのご紹介といきたいところですがそれでは普通すぎますので、敢えてマイクの紹介はまだしません。

じゃあ何を紹介するの?ってことで、馴染みがないかもしれませんがマイク・シミュレーター「Koch LoadBox LB120-II」のご紹介をします(スピーカー・シミュレーターともいいます)♪そちらの予想通りにはいきませんよ~♪



これを用いますと、スピーカーがなくてもさもアンプのキャビネット部にマイクを立てて収録したかのようなサウンドを得られる超便利な機材になります。Jet City Ampのアイソレーションキャビネット「ISO12USB」よりしっかりデジタルですが、これはこれで便利かもしれませんね♪

例えば、アイソレーションキャビネット「ISO12USB」では大音量でのレコーディングの問題はないものの、マイクの種類や、スピーカーとマイクの距離や位置が少し変わるだけでもサウンドは全く変わるため、やはり緻密で専門的なマイクの知識が必要になります。これはレコーディングエンジニアのお仕事で我々素人には分かりません。


しかーし、そこで登場するのがこのマイク・シミュレータ「Koch LoadBox LB120-II」です♪必要以上に余分な機材を買わずともこれ1つで、音質、トーン、透明感とギタリストにとって最も重要な要素でかなり満足な結果が得られると思います。例えば、キャビネットタイプは1発と4発を選択できたり、マイク位置はセンターキャップの中心をねらったり、コーンエッジに垂直にマイクを近づけたりといった基本的な設定ができ、しかも音の変化にきちんと現れてくるww

KOCH / LB120II (w/ Marshall Amp)


Koch / LB120-II (w/Fender Amp)


その点で、この「Koch LoadBox LB120-II」は、ステンレス製の筐体といい、機材の性能といい、そして出力パワーのアッテネータ機能といい(これだけでも6段階のパワーアッテネートがインプットジャックで選べる優れもの!)、7つの出力レベルで継続的に120W迄ですが扱えます。

また、(インピーダンスにもよりますが)1つのみでなく複数のキャビネットにも出力できたり、PA/レコーディング用としてXLR DI出力やライン出力に出力できたり、ともにマイク位置やキャビネットの種類によるヴォイシングSWの設定をシェアできる感じです。さらにリハーサル用のヘッドフォンアンプで使用できるようにレベル変換できたりと細かな心配りもにくい感じで、レコーディングでも、リハーサルでも太っとく、ジューシーで、爆音レベルで演奏した時の音が気軽に自分のアンプで作れる感じです。

特にD.I(ダイレクトボックス)機能はPAにダイレクトアウトを送ることができたり、自宅でギターのライン録音をすることができたり超便利です。但し、インピーダンスは4Ω、8Ω、または16Ωバージョンと選ぶ必要はありますのでそれだけ注意して購入してください。(もちろんダミーロード搭載ですのでアンプ回路にダメージを与えることもありません。)

【免責条項】
当ブログに記載している記事によって生じた不具合には一切の責任を負いません
何卒ご自身の自己責任で改造の程宜しくお願いします。


良さげなら、これを↓クリック♪
FC2Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン

COMMENT 0

Designed by Akira.

Copyright © これってちょっと良さげかな~♪ ぷちブログ All Rights Reserved.