最近流行りの小型アンプですが、もうちょっと賢く購入してみませんか? (更新)

こちら「そっか~Mesa/Boogie Transatlantic TA-15 9.2万円ポッキリ♪(更新)」、「KRANK REV JR. PRO 50W 8.5万円ポッキリ♪」でも取り上げましたように、あまりにも法外に高い小型アンプが発売されたということで小型アンプの日米価格比較をまとめてみました。随時更新していきます。

基本的に、VOXやOrangeと比べますと皆さん高いですね♪昔からのところは大体世界価格と同じになっています。しかし、Jet City AmpのJCA20Hは米国では2.6万円($289.99、1ドル=88円)だったのが、日本に持ってくると4万円ですので送料等諸経費で+1.4万円が上乗せされています。

色々と議論はあるとは思いますが、この1.4万円は最低小型アンプでも諸経費として掛かるという風にして販売者には有利な条件でこれを超える分をピン撥ね率と認定しました。さらにPicoValveは+0.9万円ですから9.7Kg以下のものは+0.9万円を諸経費として採用して、ちょっと厳しくピン撥ね率と認定しました。

今回、新たに激烈ピン撥ね率を更新したのが株式会社xンダートーンさんです、おめでとう!(但し、株式会社xンダートーンさんから直接KRANK Rev-Jr. PROを買いますと12万円ですので、これを考慮するとトップはやはり×ョーリツコーポレーションでしたか~)

(業者はいざ知らず、個人で行っても消費税等も取られる場合もあり実際には真空管アンプで念のためFedex等を使いますのでこれ以上の諸経費が掛かります。しかも、複数買ってもものがものだけに送料は1個の場合と何にも変わりません。業者ならもっと送料は安くできますが)

しかし、こうして眺めてみますとMesa Boogieは最も軽いので中に本当に出力トランスファー入ってるんでしょうか?って中を開けるとこれまた可愛い出力トランスファー(右の銀色のやつ)です、大丈夫かなww



最近の小型アンプ一覧
メーカー製品名ワット数日本米国日/米比ピン撥ね率
VoxNT2H+V112NTセット
2W
2.2Kg
2.9万円2.8万円
($329.99)
0.90%
(-1.0万円)
VoxNT15H
15W
7.7Kg
3.5万円3.8万円
($425)
0.90%
(-1.2万円)
Jet City AmpPicoValve
5W
9.7Kg
3.6万円2.7万円
($299)
1.30%
(0.0万円)
BugeraV55HD
30W
相当
17Kg
3.8万円2.5万円
($279)
1.30%
(-0.1万円)
Jet City AmpJCA20H
20W
9.7Kg
4万円2.6万円
($289)
1.50%
(0万円)
MarshallClass 5
5W
12Kg
4.7万円3.5万円
($399)
1.30%
(-0.6万円)
OrangeTiny Terror
15W
6Kg
4.9万円4.9万円
($549)
1.00%
(-0.9万円)
EgnaterTweaker 15W
15W
8.0Kg
6.0万円3.4万円
($399)
1.835%
(+1.2万円)
CarvinV3M
50W
-
-6万円
($699)
--
(-万円)
ENGLGigmaster 15
15W
8.9Kg
7.0万円6.6万円
($749)
1.00%
(-0.5万円)
KrankKrankenstein Jr.
50W
11.5Kg
-6.8万円
($769)
--
(-万円)
KrankRev Jr. Pro
50W
13.2Kg
15.8万円6.2万円
($699)
2.5130%
(+8.2万円)
THDUniValve
15W
9.5Kg
15.3万円8.3万円
($949)
1.873%
(+6.1万円)
Mesa BoogieTransatlantic
TA-15
25W
5.5Kg
15.8万円7.9万円
($899)
1.988%
(+7.0万円)
THDBiValve
30W
15Kg
25万円14万円
($1525)
1.868%
(+9.6万円)
※便宜上1ドル=88円換算とし、日米の最安値は楽天/Google Shoppingでの新品販売の実勢価格の最安値(バーゲンは除く)としました。

並行輸入品と国内正規品について:
まず、初心者の方は絶対に国内正規品を買いましょう~購入後のサポートは必要ですからね♪で、初心者でない方は、並行輸入品のメリット・デメリットを考えて必要に応じて自分の度量で上手くチョイスして下さい。

並行輸入品のメリットは何と言ってもお値段と本場の音質が手に入ります。但し、本当に音に拘るのであれば米国ですと120V昇圧トランス(EHU-600等)が必須です。やはり本来の本国のアンプの音の伸び・艶が得られる感じです。まあそのまま国内の100Vで使用しても遜色はありません。

一方、国内正規品は国内電源規格に合わせ、オリジナル設計にないより低電圧用の(恐らくはチープな)100Vトランスに音質を犠牲にしてまで載せ替えてますから本場オリジナルのトランスとは全く似て非になるものです。昔々の本国仕様電源の国内正規マーシャルも確か音良かったですよね♪分かる人は分かると思いますが。

ORANGE《オレンジ》 Tiny Terror

ORANGE《オレンジ》 Tiny Terror

価格:39,800円(税込、送料別)



COMMENT 0