「トンカツ」って豚を使った何の料理か説明できますよね?

まず、皆さん知っていると思いますので回答を。「トンカツ」は要は「ポークカツレツ」ですよね。その当時(昭和4年)に分厚い肉を使ったポークカツレツを東京の御徒町の「ポンチ軒」が売り出したときに「豚(トン)カツレツ」として縮めて使ったからだそうです。



そこで、じゃあ「カツレツ」って何でしょう?ってこれは大体は分かるんですが、導入された時代が古く和製英語的な勝手な使われ方がされています。ですので、日本人と海外の方の認識は微妙に違いますからちょっと説明します。(丁度ミシンはソーイング・マシーンのマシーンのみ聞いてミシンというんだ的な勝手な使い方になった。。。あれです)

和製英語「カツレツ」の語源はご存知の「コートレット(カットレット)」から来ています。素直にこれらのもともとの意味は下記になります。日本だと西洋料理の一つとして捉え、牛・鶏肉の切り身に小麦粉・とき卵・パン粉をつけて油で揚げたものになっちゃってます。豚も含むかもしませんが、大体はわざわざポーク・カツレツといいませんか?

コートレット(cutelette) : フランス語で「肉を薄く切る」の意味。また「仔牛、羊、豚などの骨付き背肉」を意味する。
カットレット(cutlet)  : 英語でカツレツ(用の切身)。薄型のコロッケ。

ここからは、どうでもいい細かなことなので適当にパスしてください。福沢諭吉の『華英通語』に既に「cutlet(吉列)」と紹介されているように、日本に来たのは明治の初期(1860年頃)だそうです。ですが、この頃は牛肉や鶏肉を使った「ビーフカツレツ」や「チキンカツレツ」だったそうで、「ポークカツレツ」は一般的ではなかったようです(明治5年に仮名垣魯文の『西洋料理通』で「ホールクコットレット(豚肉のソテー)としてはじめて紹介されたようです)。

で、定説は明治28年、銀座の洋食店「煉瓦亭」が牛肉・鶏肉の代わりに豚肉を使った「ポークカツレツ」を売り出したのが「ポークカツレツ」始まりと言われている。そして、さらに後に東京の御徒町の「ポンチ軒」の「トンカツ」に繋がって行きますとさ、今ですと単に「カツ」だけだと「トンカツ」のことになりますね、めでたし。



【送料無料】南州農場 黒豚彩り【10P18May11】

【送料無料】南州農場 黒豚彩り【10P18May11】
価格:15,750円(税込、送料込)

興農牛・豚肉スペシャルセット  13品

興農牛・豚肉スペシャルセット  13品
価格:16,590円(税込、送料別)

黒毛和牛/国産牛経産ヒレ約2.7kg

黒毛和牛/国産牛経産ヒレ約2.7kg
価格:17,115円(税込、送料別)

COMMENT 0