デジタル・モデリング・アンプ ベスト 5

こちらBest Digital Modeling Guitar Ampの記事からデジタル・モデリング・アンプ ベスト 5をご紹介します♪

まあちょっと、このベスト5については本当かな?というところはありますので、最後はご自分の目的に応じて考えてみてください。私は、やはりこの分野ではLine6のPOD® X3 Pro等のPODシリーズをお薦めします、ある意味割り切って使っています。でもコンボがどうしてもというならLine6のSpider Valve™ MkII位で十分で、何故に高い金出してVettaのコンボにする必要があるのか分かりません。

それ位お金を掛けるのであればヘッドにしてキャビは別途ご自分の好きなものを買い足す感じでいいんじゃないのでしょうか?どうもLine6のコンボのキャビはあまり宜しくない印象です。例えば、特にSpider III迄はキャビネットの作りがぼちゃいく、高出力だと低域の鳴りや、音の抜けがどうも悪く不満を覚えることが多々ありますので。)


フルチューブのFender Super Reverbは、確かに12時間位弾き続けて、ボリュームを6位上げたときは最高なんですが、そういつもいつもそういった使い方ができるとは限りません♪もっというと、現在では昔以上に色々な要求がギタリストにも出て来ちゃってます。当然、幅広いサウンドとエフェクト効果をカバーするように期待されていますし、忠実に音を再生してくれることも期待されています。今日の「Best Digital Modeling Guitar Amp」は一流の職人技とエンジニアリングの融合の賜物だと感じます。まあ、騙されたと思ってこのベスト5を試してみて下さい。

1位 Line 6 Vetta II Combo Amp
コメント:Line社のVetta IIは150Wのコンボ・アンプで、Celestion社スピーカーが2発搭載されたモデルです。このCelestion社のスピーカーはなかなかいいものでして、2つのアンプを同時に使えるところだけでも買うに値すると思います; どんな2つのキャビネット・モデルでも独立して、同時に使用できるようです。これが1位である理由は、出力全体に行われるスタジオレベルの後処理です。さらに、70年代の古典的なアンプ、80年代のエフェクター、
およびスタジオでの効果、28ものギター・キャビネットが選べます。メチャクチャ、選択肢が多くて選べます。

Zentera vs. Vetta II


Zentera vs. Boogie



2位 Fender Cyber Twin SE Tube Guitar Amp
コメント:フェンダーって、何でこうもデジタル・モデリング・アンプを作っているにも関わらず、また真空管を敢えて使うのか、って?だってそれがFenderだからしょうがないんです。実際、このモデルにも12AX7 groove tubesが2発プリ部に使用されています。とても便利な特徴としてはハム・リダクションでして、煩わしい50/60 Hzのノイズが可能な限り小さくなります。もう一つユニークなのは、設定を変えたとしてもノブが正しいポジションに動いていきます。つまり、設定はFenderにお任せなんです。アナログ版のTwin Reverbのように、片側65Wで非常に大きなパワーを出せるアンプです。
2つのCelestion G12-T-100スピーカは、パワーを操作するだけではなく、優れたギターアンプ用のスピーカーでも当然あります。素晴らしいギタリストGreg Kochや、Gary Hoeyらは、既に彼らが監修したプレ設定を提供しており、それとの併用も考えられています。全プリセットは250位ありますので、感謝感謝。

The Fender Cyber-Twin Full-Length DVD


3位 Roland VGA-7 Guitar Amp
コメント:ほぼ全ての欲しい音が見つかる20ものアンプ・モデルに加えて、ローランドが提供する26のギタータイプは非常に新鮮ですね。これにより、ただ単にアンプの音で出すより音の輪郭が強調でき、微調整に助かりますなぁ。で、オプションとしてシンセ・ピックアップGK-2Aを使うつもりの方は、まさに最適という感じですかね。同じメーカーですからGK-2Aに合わせて、ピックアップの種類を加えたり、ピックアップポジションのシミュレーションを加えたりして、自分自身のカスタム・チューニングができたり、または開放で、12-弦で微調整できたり、シンセ音作ったりとそういうのが強みです。
さらには80のプリセットと80のユーザー編集可能なパッチがありますので、テクスチャー、トーン別にライブラリー化してみるのもいいでしょうし、フットコントローラ経由でそのライブラリーを呼び出すこともできたりと。

4位 VOX Valvetronix VT100 Modeling Tube Guitar Amplifier (100W)
コメント:VOXが最もポピュラーな過去の古典的なモデルをベースにした22のアンプ・モデルを引っさげて、印象的なVT100を出してきました。同時に3つの効果を用いることができたり、独立してノイズゲートも使えたりと。私も実はこれ持っているんですが、結構実践的なアンプ・モデルが入っていて、「Song Preset」なんてとある有名ギタリストのまんまの音が出ますんで、難しい設定なんて時間を吹っ飛ばしてギターの演奏に直ぐ入れます。で、一番強調したいのは、これアッテネータが付いているのか、100W以外にも、より低ワットの15W、30W、50Wが選べる辺りいいですよ。もちろん、ギグやライブのように100Wフルで使う必要もなければ、
それなりのワット数へです。同じ機能が低ワットでも使えます。

VOX Valvetronix Series Introduction Video



5位 Peavey Vypyr Tube 120 Amp Combo
コメント:PeaveyはこのVypr 120においてあるスウィングするゲートを採用しています。そう、このアンプってかなり感動する部分はそのスウィングするゲートなんです。スウィングするゲート?ッて何?要はスウィングするゲートって真空管だそうで、つまりデジタルプロセッサーを1つのプリ管12AX7と4つのパワー管6L6で挟み込んでしまっているところんなんです!また、最大22のエディット可能なエフェクター効果(11のコンパックト系エフェクター効果と11のラック系エフェクター効果の計22つ)が同時に5つ使用できます。私もこういうの好きなんですが、さらに直感的に扱えるようコントロール系はノブを弄って変えていきます。そういう感じで、
プロセッサーを真空管で挟んでいるためか、コンピュータ機器という感じではなく、真空管アンプを使用しているような気にしてくれます!でもデジタル系の端子もあってかなりいい感じです:クロマッチック・チューナー、内臓ループ、USBインターフェース、オプションですがPeavey Sanperaフットコントローラ(これを使いますと、一気にアンプの性能が活かされまして、12つのビルトインプリセットから編集可能な400のプリセットにまで拡張できます) 。120Wのパワー、プログラム機能、そして真空管の温かさが非常にリーズナブルな価格で入手できますよ。

Peavey Vypyr Tube 120H Topteil

Fender/Cyber-Twin® SE【フェンダー】【smtb-ms】

Fender/Cyber-Twin® SE【フェンダー】【smtb-ms】
価格:190,000円(税込、送料込)

PEAVEY VYPYR TUBE 120 COMBO【送料無料】

PEAVEY VYPYR TUBE 120 COMBO【送料無料】
価格:75,460円(税込、送料込)




COMMENT 0