Marshall Lead 20 フルチューブ AX84 Hi-Octane化

今日は「Marshall Valvestate 8010 Plexi系真空管アンプ化」シリーズの元ネタでもあるこちらのサイトをご紹介します♪参考で見て欲しいのですが、Marshall Lead 20 フルチューブ AX84 Hi-Octane化です~いやはやぶったまげるほど素晴らしいコンボアンプらしいです♪

まずはオリジナルのMarshall Lead 20です。


そのオリジナルのMarshall Lead 20の基板はこんな感じになっていますです。


そのオリジナルのMarshall Lead 20のフロントはこんな感じになっていますです。


基板のBefore& Afterです。



で、改造後のMarshall Lead 20の基板、トップはこんな感じになっていますです。



で、Marshall Lead 20 フルチューブ AX84 Hi-Octane化完成です。


で、セレクタSW(EL84 <-> 6N1P)


出力用のパワー真空管EL84とパワー真空管6N1PをスイッチングするためのV3, V4間の必要な回路を新たに設けています。その回路図はこちらになります。これが最も良い方法かはわかりませんが、単純にその真空管のstandbyをONにすることで出力真空管をスイッチングしています。

他の方の真空管はstandbyをOFFにすることになります。全てのコンポーネントの追番(R4等々)は"H-O ver.4"回路を参考にしています。

COMMENT 0