接遇の優しい!?講師 平林都さん - 人物

接遇の優しい!?講師 平林都さん

最近、接遇の講師で有名な平林都さんが、気になります♪ とっても上品な方だと思いますが、それと同時にしっかりと自分を持っていらして、素晴らしい女性だと思います。

こういう女性がもっと活躍してもいいと思いますね。やはり、性別で差別するわけではないですが、女性は女性のいいところがありますし、男性には男性のいいところがありますし。最後に店長を励ますところなどは本当に優しい平林さんの一面、女性の細やかな配慮や気持ちへの気配りが出ていますね。

楽器もそうですね、安い楽器でもそれなりにいいところはありますし、高い楽器にも色々といいところはありますし。例えばFender USAビンテージも、'50、'60年代のストラトは本当に優等生でいい音がします、これはこれで好きですが、'70年代のラージヘッドは当たり外れもあり、しかもじゃじゃ馬的でよく暴れるストラトなんですが、本当に人間の気分の変化を見ているようで可愛いかったりします。

あの、'70年代は普通にクリーンで弾くとサスティーンも短くその良さが分かりません。まあハードロック全盛の時代に作られたからこそ、意図的にラージヘッドからのフィードバックも含めて歪ませて初めて最高の音が出るんですよ。だから明らかに'50、'60年代の使い方と同じにしては弾き手も、ギターも幸せじゃないんですね♪

(最近のギターは皆優等生でそれはそれで素晴らしいですが、個性が薄れ万人受けするように、欠点もなければ、強い個性もないかな。だから、弾き手に個性がなければ出てくる音楽も金太郎飴のように毎回同じ感じに聞こえてしまいます。だから、私がエフェクターをこうして皆さんに提供している理由はそこで、人とはちょっとは違うエフェクターを使ってるんだ、拘ってるんだでいいんです、小さなスタートからはじめて頂ければ。そしてそれで、自分も、皆も幸せになってくれればと思っています。)

平林さんは、どういう時でも常に「人を笑顔にすることだけ考えている」とします。「何故やるか?」をよく考えさせ、お客様の立場でものを考えることが大事だそうです。厳しいのは、受講した生徒さんたちのプライドを敢えて傷つけて徹底的にそのことを考えさせる、それで生きがいを見つけさせることだとします。

5つの接遇:
1. 何のために挨拶をしているか。 人とは違う挨拶をしろ
2. 歯を出して笑顔を作れ
3. 相づちには 「。」をつける
4. 相手にものを頼む時は疑問符でいう
5. Oラインからはみ出すな!

10の接遇 基礎用語:
1.ようこそお越しくださいました
2.有難うございます
3.いつもお世話になっております
4.またのお越しをお待ち申しております
5.申し訳ございません
6.少々お待ち下さいませ
7.お待たせいたしました
8.恐れ入ります
9.失礼致します
10.かしこまりました

鬼の社員「接遇」教育(1/4)


鬼の社員「接遇」教育(2/4)


鬼の社員「接遇」教育(3/4)


鬼の社員「接遇」教育(4/4)

COMMENT 0