Russian Big Muff ~ Colorsound Jumbo Tonebender化 新MOD ~

Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。

ここ最近ですが、何と「Big Muff Russia」が生産終了となりました。。。。。今回はその貴重な?Russian Big MuffのColorsound Jumbo Tonebender化 新MODになります。一言でいいますと、Big Muff Piよりもう少し低域を抑えた感じで、歪みの方もキメの細かなジリジリいう感じ(でも、決して音が細いというわけではなく音が凝縮された感じ)、もっというとコンプレッション感が取れたよりナチュラルな?Fuzzって感じです♪しかも、Fuzz Faceのようなモコモコ感がなく鋭く突き刺すような感じです。



他のBig Muff系のMODと同様に全部ではありませんが、ひたすらオリジナルのColrosound Jumbo Tonebenderに回路の定数を合わせていくという地味な作業です♪まず(オリジナルはBC184ですが。。。)手軽に入手できるBC184、BC184LCで試してみましたが、とにかく太っといオーバードライブから粗めのファズ・サウンドまでこなせます♪私的にはBC184Cの方が好みでした♪

また非常に可変領域が広いTONEコントロールでクリーミーなGilmour風トーンからストラトのフロントでもいい感じのトーン全開の突き刺さってくるようなジリジリサウンドまで、サスティンもノブ全開の豪快に伸びる激歪みからバリッとエッジの効いたクランチ・サウンドまで良さげです!!

Russian Big MuffもMODで、ここまで多彩に変わるとなると、たまには使ってみたくなりますよ♪もう少しトランジスタを買ってhEF色々試せばさらにいい感じになるでしょうね♪



MOD内容:

1. 2段目のTr周りのクリッピング回路
まず、コンプレッション感が取れたよりナチュラルな感じのヒミツは、このクリッピング回路の除去です。Big Muffにはあって、Tonebenderにはありませんので外しました。

2. Tone回路部の変更
ここは定数的にBig Muffもう少し低域が抑えられたような回路になっています。

3. 最終段の回路分の変更
ここはBig Muffの最後の回路部分をショートカットした感じになります。Big Muffの原型とされるSupa Tonebenderだとここの回路が加えることで、さらに歪みをましています。



4. (New) トランジスタの変更
最後に、何はともあれトランジスタの変更ですかね♪BC184Cですが、取り敢えずは入手しやすいBC184かBC184LC。(BC184はそのまま挿せますが、BC184LCは逆転させてしかも一部脚をクロスしないと音は出ません♪ご注意を)

本当はトランジスタをかなり買い込んで選定したモノを載せると、あの強烈なブチブチした音も再現できるとは思うのですが。(Fuzz Faceよりはトランジスタ依存が少ない回路なので取り合えず、ゲルマトランジスタでも安定していい音でなると思います。)

Colorsound Jumbo Tonebender


Colorsound Tonebender Old vs New with Clint Westwood


Colorsound Supa Tonebender (より歪みをアップさせた感じのTonebender)


Barber Trifecta Fuzz Pedal(これってたった$149.95です!今だと為替が$1=89円程度なので1万3千円位で買えちゃいます。。。。しかしこんなに米ドルが弱くなるなんて。。。。)
(これは、右上のトグルSWでSupa Bender風(右)、Jumbo Bender風(中央)、Triangle Pi(左)モードが選べるようです。動画では、Supa(右)モードは1:27~、Jumbo(中央)モードは4:17~、Big Muff Pi(左)モードは4:54~です。)


【免責条項】
当ブログに記載している記事によって生じた不具合には一切の責任を負いません
何卒ご自身の自己責任で改造の程宜しくお願いします。

【Disclaimer】
Would you please proceed this modification at your own risk, becasue I am not responsible if your pedal does not function after the modification. Do not proceed it if you think that you are not capable of performing these mods enough, since soldering and replacement of small components are involved.


良さげなら、これを↓クリック♪

にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ

COMMENT 0