う~ん、日本が世界に誇れる文化アニメの最近♪ 2

こちら、「う~ん、日本が世界に誇れる文化アニメの最近♪」の続きです。。。

まず、日本国内の話しを先に。去年の夏2011年8月頃はまだ秋葉原では海外の方を普通よりも多く見かけました。かなり海外からお客さんが日本に来てくれているようですね。最近はまたその当時の状況に戻れるようにキャンペーンはしっかりやっているようには思います。


さらに東京ツアーの一部にもされてしまっているためか、メイドカフェなんかも最近は外人さん密度高いようです(メイドカフェ産業はツアー会社等とも組んで外国人団体客を取り込む営業戦略に転換してきているようです。そのおかげか客数はほとんど減っていないというお店もあり、大手でさえ戦略なしに生き残れない状況のようです)。

ちなみに、秋葉原の@home cafeは英語が喋れるメイドさんがいるらしくて、密かに好評だとか?ここのブログ@home cafe blogとかを見ても面白いですね、この不況なのか?帰国子女さんが帰国しても職もないのか?フリーでメイドさんしているようですね。

で、次はあちらアメリカですが、皆さんもよくご存知のロサンジェルスですが、とうとう米国初?のメイド・カフェできちゃいましたという番組がありました、見ましたか?でも、正確にはロサンジェルスの郊外、(といってもクルマなら10分圏内の)Beverly Hillsのずっと南のSanta Monica Fwy沿い近くにある「Cafe ROYAL/T」です。アメリカ初?のメイド・カフェ登場!とばかりにやっと進出だそうで、ただ面白いのはどうもここのオーナーは日本人じゃなくてアメリカ人のようです。

「Cafe ROYAL/T」公式HPより



View Larger Map

そしてその番組では、そこからずっと西のロサンジェルス郊外のラーメン激戦区も紹介していました。要はSanta MonicaとLos Angelsの境界近くで、ギリギリLos Angelsの端です。正確にはWestwoodよりさらに西寄りで、ちょうどUCLAの南側(むしろSanta Monica寄り)にある(Santa Monica BoulevardからOlympic Boulevardにかけての)ソーテル通り(Sawtelle Blvd)一帯です。ちなみに、Sawttelle地区そのものはSanta Monica市に属すくらいですので。

ラーメンの食べ歩きブログ「ラメニアック」より


といっても、番組上ちょっとバイアスがかかっていて、さもロサンジェルス全体で流行っているような紹介をしていましたがそんなことはないです。ここはロスの郊外の中でもかなり特殊で、要は「Little Osaka」と呼ばれる昔からの日本街※1なんですね。そう、Los Angelesのダウンタウンにある「Little Tokyo」と同じような昔からの日本人のコミュニティ地区なんですね、だからラーメンのお店が多いだけで※2、ビバリーヒルズやロスの中心街で流行っている訳ではないです、はい。


View Larger Map

ただ、確かにアメリカでもラーメンはポピュラーになりつつあり、昨年2008年らしいですが、日本で言う広辞苑にあたるアメリカの辞書Merriam-Webster Dictionaryに日本のラーメンに当たるRamenという言葉が登録されたようです。Japaneseの枕詞が取れたところが凄いですね。今までの意味Japanese Noodle、つまり「(Japanese) quick-cooking egg noodles usually served in a broth with bits of meat and vegetables」が、アメリカでも一言Ramenで通じる時代ですね。普通の庶民の食べ物が英語になる今は本当に凄い時代ですね。本当にThe World is Flat!です。

いや~、やっぱり日本のマンガや食文化は世界に誇れる文化なんですよん、皆さん。

※1 移住日本人が作ったソーテルの日本街の歴史


※2 2000年当時の「Little Osaka」の地図:


この地図で分かるようにGroceryのお店が多いです。それがここ最近はフレンチレストランやお鮨もあるような小洒落たレストラン街になっているのは本当です!



COMMENT 0