GuitarWorld.comの読者投票ではMXR Carbon Copy DelayがBest Jim Dunlopエフェクターに選ばれています!!

Subscribe with livedoor Reader

GuitarWorld.comの読者が選ぶUltimateなJim Dunlopエフェクターではこちら「Pro Guitar Shop限定のMXR Carbon Copy Brightが登場♪ 国内も限定500台で販売!!」でご紹介した、オリジナル版「Carbon Copy Delay」がNo.1なんですね。



Google


最終的にはこの記事の最後にまとめてある合計32のエフェクター候補から下記の四天王が選ばれ、最後に競ったのはあの「Super Badass Distortion」と「Carbon Copy Delay」でほぼ僅差(Carbon Copy : Super Badass = 58.61 : 41.39)ではありますが「Carbon Copy」がNo.1となっています。

Jimi Dunlopエフェクターの四天王
MXR M169 Carbon Copy Analog Delay MXR M75 Super Badass Distortion



Dunlop JHF1 Jimi Hendrix Fuzz Face

Dunlop 535Q Cry Baby Multi-Wah






Jimi DunlopエフェクターのNo.1 MXR M169 Carbon Copy Analog Delay

実はこれだけアナログ・ディレイがコンパクトかつ実用的になったのは、1969年に初めてバケツ・リレー方式のディレイ回路が登場したからなんですね。それまではみな非常に大きな、あまり信頼性のない磁気テープ・エコーをディレイとして使用していました。

しかし、そのバケツ・リレー方式のディレイ回路もやがてはDSP(Digital Signal Processor)に置き換わりますが、やはり依然アナログ・ディレイは人気があるんですね。その理由はやはりソフトで、ハイファイではなくローファイ(low-fi)なサウンドはこのアナログ・ディレイしか出せないからです。

幸運にもMXRはその当時の時流もあって、頭脳集団の一人であるシニア・エンジニアのBob Cedro氏が、ここ20年来では初めてのディレイとなる新しい構想を考え出し、この「Carbon Copy Delay」が誕生したようですね。

MXR Carbon Copy Analog Delay




それだけではなく、MXR Phase 90並みのコンパクトな筐体で600msというアナログ・ディレイ時間を実現してしまいました(600msは今となってはデジタル・ディレイではそんなに長くはないですが、アナログ・ディレイでは別格の長さかと思いますよ)。しかも使い方も簡単で、ノブを回すだけで素晴らしくオーガニックな(ナチュラルで音に厚みのある)ディレイ・トーンが得られるんですから。

まあ、Carbon Copyはちょっとディレイのリピートが暗めなので、アンプのブライトネスを抑える印象はありますが、それはやはりアナログ・ディレイの特徴でもありますし、今回発売される「Carbon Copy Bright Delay」というチョイスも出てきますね。

ここら辺が何故発売されたかの理由でもあり、本当にMXRでNo.1のエフェクターでもあるアナログ・ディレイで、デジタエル・ディレイと真っ向から勝負するためにアナログ・ディレイの足りないところを補う製品ラインナップを追加したのでしょうね。アナログ・ディレイで明るいリピートならデジタル・ディレイから乗り換える人もいるでしょうからね。

MXR Carbon Copy Analog Delay Pedal Demo



Jimi Dunlopエフェクター トーナメント戦(全体)




Jimi Dunlopエフェクター トーナメント戦1
MXR M75 Super Badass Distortion Super Badass Super Badass Super Badass Super Badass
MXR M78 Custom Badass '78 Distortion
MXR M104 Distortion+ Distortion+
MXR M116 Fullbore Metal
Way Huge WHE202 Green Rhino Overdrive Green Rhino Green Rhino
Way Huge WHE203 Red Llama Overdriv
Way Huge WHE201 Pork Loin Overdrive Fat Sandwich
Way Huge WHE 301 Fat Sandwich Distortion
Way Huge WHE 401 Swollen Pickle Jumbo Fuzz Angry Troll Boosts Angry Troll Boosts Jimi Hendrix Fuzz
Way Huge WHE 101 Angry Troll Boost
Dunlop FFM1 Fuzz Face Mini Silicon Fuzz Mini Silicon
Dunlop FFM2 Fuzz Face Mini Germanium
Dunlop JHF1 Jimi Hendrix Fuzz Face Jimi Hendrix Fuzz Jimi Hendrix Fuzz
Dunlop JDF2 Fuzz Face Distortion
Dunlop EJF1 Eric Johnson Fuzz Face Bonamassa Fuzz
Dunlop JBF3B Joe Bonamassa Fuzz Face

Jimi Dunlopエフェクター トーナメント戦2
MXR M169 Carbon Copy Analog Delay Carbon Copy Carbon Copy Carbon Copy Carbon Copy
MXR M117R Flanger
Way Huge WHE701 Aqua-Puss Delay Echo-Puss Delay
Way Huge WHE 702s Echo-Puss Delay
MXR M148 Micro Chorus Uni-Vibe Phase 90
MXR M68 Uni-Vibe Chorus / Vibrato
MXR M101 Phase 90 Phase 90
MXR M107 Phase 100
Dunlop CGB95 Cry Baby Wah Wah Classic Wah Multi Wah Multi Wah
Dunlop GCB95F Cry Baby Classic Wah Wah
Dunlop 535Q Cry Baby Multi-Wah Fuzz Mini Silicon
Dunlop 95Q Cry Baby Wah Wah
Dunlop EVH95 Eddie Van Halen Signature Cry Baby Zakk Cry Baby Zakk Cry Baby
Dunlop ZW95 Zakk Wylde Signature Cry Baby
Dunlop JC95 Jerry Cantrell Signature Cry Baby Bonamassa Cry Baby
Dunlop JB95 Joe Bonamassa Signature Cry Baby


MXR Carbon Copy Analog Delay Stompbox Guitar World Review


MXR Super Badass Distortion: James


Dunlop Jimi Hendrix Fuzz Face


Cry Baby 535Q



COMMENT 0