充電できない筈の安いライトニングケーブルでも、何故ダイソーのは大丈夫か? 不思議に迫ってみる。

Subscribe with livedoor Reader

済みませんが、こちら「100円ショップダイソーでiPhoneのLightning充電ケーブルを買ったら半日で使えなくなった話」では、パソコンから充電する時や、コンセントからUSB充電器で充電する時も抜き差ししていると例のメッセージが出てきたりもするようです。

なので、いつも信頼して使用できるケーブルとはあまり言えないようですが、ちょっといいヒントも。コンセントから直接USBポートで充電する場合には何故か上手くいくようですので、試してみる価値はあると思いますが、やっぱり甘いのかな。。。。


こちら「iOS7以降で充電出来なくなったApple純正以外のライトニングケーブルでどうやって充電するか?」で、Apple純正あるいはMFiライセンス以外のライトニングケーブルはiOS7以降普通には充電出来なくなったことをご紹介したはずですが、実はしっかり伏線も引いてました。

そう表題にもあるように百均で有名なダイソーで100円でiPhone6用のライトニングケーブルが売っているのを最近見つけて、ずっと気になってて試しに購入してみたんですね。その結果、普通に何故か使える、つまり問題なく充電できることが分かりました。



Google


まずは、実際にダイソーにあるiPhone6用のライトニングケーブルと、こちらの方が便利かもしれませんが通常のUSBケーブルに付けるとライトニングケーブルとして使えるアダプタがどのようなものか紹介して最後に何故使えるかの分析を少々してみます。

まあ、心配ならアップル純正か、MFiライセンス品を購入するのがいいとは思います。下記の楽天やアマゾンは最安値のものですから、どうぞ。 ちなみに、こちらアップルのサポート情報「Lightning コネクタアクセサリの偽造品または模倣品を識別する」から、イタチごっこだとは思いますが偽造品や模倣品を識別できる情報があります、参考にしてください。



ダイソー iPhone5, iPhone6対応 USB充電専用ケーブル

現在のところ、下記のような仕様で「意匠取得済み」として100円(税込み108円)で販売しています。なので、適当に差し込んでUPSIDE面が上でなかったらライトニング・ケーブルとして認識しないところが難点といえば難点です。

  • 意匠取得済み
  • ケーブル長 60cm


  • 充電専用(6つのピン端子のみなので)iTune等のデータ通信・同期はできません
  • 片面接触[(6つのピン端子が下になるようにUPSIDE面を上側に合わせて差し込む必要があるため)リバーシブルではありません]





ダイソー iPhone5, iPhone6対応 USB充電専用MicroUSB変換アダプタ

現在のところ、下記のような仕様で「意匠取得済み」としてこちらも108円で販売しています。なので、適当に差し込んでUPSIDE面が上でなかったらライトニング・ケーブルとして認識しないところが難点といえば難点です。

  • 意匠取得済み
  • MicroUBS端子からライトニング端子への変換アダプタ


  • 充電専用(6つのピン端子のみなので)iTune等のデータ通信・同期はできません
  • 片面接触[(6つのピン端子が下になるようにUPSIDE面を上側に合わせて差し込む必要があるため)リバーシブルではありません]





ダイソーのライトニングケーブルは何故充電できるか?

最後に、何故使えるかの分析です。最終的な本当の理由はメーカーではないので分からないことは最初にお断りしておきますが、このダイソーの商品はたまたまだとは思うのですがコストダウンのために「充電専用」として本来8ピンあるものを6ピンにした点と、両面あるはずのものを片面にした点の2つなんですね。

ですから、そもそも電源を供給・制御する以外のピンはないため、何らかの理由で通常だとセキュリティ機能が掛かって電源供給を遮断して充電できなくしていたものが、セキュリティチェックそのものがIC側で出来ないから(IC側で出来ないから遮断できないのも納得)、電源供給遮断がされないので普通に電源供給され続け充電できちゃってるんだと感じます。

ここら辺はピン配置を調査したこちらの日経テクノロジーの記事「【iPhone 5分解その5】実は表裏があったLightningコネクタ」が参考になるかと思いましたが、どうもこのピン配置はちょっと詳しい素人が判断した恐らくは間違いの配置のようで、動作も考えると可笑しい??

まあ、日経テクノロジーの記事紹介程度なら日本の何処でもあるかもしれないので、こちらのブログに来て頂いた方のために、日本語で初めて?の記事もご紹介。こちらデバイス解析会社の記事「Systems Analysis of the Apple Lightning to USB Cable」を参考にすれば、何となくこちらの分野に詳しい方であればその仕組が見えてくるんじゃないかと感じます。


実際に動作も確認していて、両面のどちらかを判断するのは最初はどちらにもピンからの信号が来るかをトライして行っているなど、記事としても実際に動かした時の結果も示しているので信ぴょう性が高く、面白いですよ。


あるいは両面でなく片面なので電源供給が遮断されないのかもしれません。さらには仮にIC側で出来たとしてもiPhone本体側には知らされず(そのためポップアップ表示さえでないのも納得できる)、iPhone側で遮断する指示が出来ないのだと感じます。

つまり、ケーブル側のICでセキュリティに引っかかった時に、実はiPhone側で遮断を行っていたのではなく、ケーブル側で遮断する仕掛けなのですが、何らかの指示のみはiPhone側からしている可能性があり、その何れかの手段がピン数が減ることで出来なくなっていると推測しています。

なので、Apple純正品でもMFiライセンス品でもないライトニングケーブルも、もしそういうことが出来るならダイソーのような6ピンのみのピン配置にすると充電だけは出来るようになるのかもしれません。信じるか、信じないかはあなた次第です。


COMMENT 0