マッドマックス 怒りのデス・ロード あの炎のギターリスト「コーマドーフ」ってSlipknot?

Subscribe with livedoor Reader

既にこちら「マッドマックス、炎のギターリスト「コーマドーフ」の正体」である程度の解説はありますので、私の視点で面白い内容をちょっとだけご紹介です。


まず、映画コメンテーターのリリコさんがこの火を噴くギターを持つSlipknotのような謎の男を見てギターが弾きたくなると言う程に、確かにインパクトありますよね。

まあ、上記の内容の概要は以下にまとめますので、まず勿体ぶらず日本語で収集できる範囲の内容では実際にミュージシャンさんのようです。

  • 本名 Sean Hape - ショーン・ヘイプ (芸名 イオタ - iOTA)

  • 本業 オーストラリア出身のミュージシャン、最近は俳優も
    過去には演劇「Hedwig and the Angry Inch」でヘドウィグ役で主演
    上記に対してミュージカル賞ヘルプマン・アワード受賞
    その流れで今回もコーマドーフ・ウォーリアー役のオーディションを受け見事合格。

  • Hedwig and the Angry Inch Sydney iOTA 2006 'Sugar Daddy'


  • 配役 ボスであるイモータン・ジョーの養子 「Coma the Doof Warrior - コーマドーフ・ウォーリアー」
    映画内では、イモータン・ジョーに洞窟で拾われ、音楽家にするために育てられたという

  • 特徴 赤いつなぎにマスクを被った格好で戦場のウォーボーイズたちを奮い立てる役目
    そのためにスピーカーを搭載したトラックのステージで火を噴きながら爆音でギターを演奏

  • 劇中でのギターについて 火炎放射ギターは重さ60Kg(約132パウンド)
    アームを押すと火が出るような仕掛けになっていて、ギターの音もちゃんとできる”本物”

ちなみに、この映画の製作デザイナーであるColin Gibson氏へMTVが電話インタビューをした信ぴょう性のある内容「That Insane ‘Mad Max’ Flame-Throwing Guitar Is No CGI Trick — Here’s How They Actually Made It」がありますので、気になる方は見てみてください。

Doof Warrior's Doof Wagonについて
このワゴンはWarner Brothersが「sonic carmageddon(ソニック・カーマゲドン)」と呼んでいるそうです。これは世界最大のマーシャルスタックと言っていますから、一部マーシャルを使っているのでしょうか? ワゴンはスーパ-チャージャーのV8エンジン搭載です。


Smoke and Mirrors (Sydney Festival 2011)


iOTA - Melbourne Summer (Live Channel [v])

COMMENT 0