さあ、マッドマックスが今年復活です。マッドマックス 怒りのデス・ロード(Mad Max: Fury Road)

Subscribe with livedoor Reader

さ~て、ご存知マッドマックスが今年復活です。元祖マッドマックスは1979年ですから約35年の時を超えての復活ですね、「マッドマックス 怒りのデス・ロード(Mad Max: Fury Road)」。

Mad Max: Fury Road - "Legacy" Featurette [HD]


Google


ご存知のようにマッドマックスはメル・ギブソンの出世作品であり、あの「北斗神拳」はこのマッドマックス2(1981年)の世界観がベースだとか。


まあ、今回は色々な大人の事情でシャーリーズ・セロンさんと、トム・ハーディさんの2枚看板となりました。

トリビアな視点では、イモータン・ジョーの妻の一人としてこっそりLenny Kravitzの愛娘Zoë Kravitzさんが演じ、さらに敵ボスのイモータン・ジョーは旧シリーズの「マッドマックス」で暴走族のリーダー、トゥーカッター役の俳優ヒュー・キース・バーン氏が復活。


で「マッドマックス」の特徴の一つは何と言っても低予算です。だからか、ご覧のとおりその当時のポスターもこんな感じです。低予算といえば、もう一つはアーノルド・シュワルツェネッガーの出世作「ターミネーター (1984)」です。




Mad Max: Fury Road - Official Main Trailer [HD]




じゃあ何に予算を継ぎ込んだかというと、あのフォード・オーストラリア製のファルコンXBを改造したインターセプターなんですね。正確にはフォード・ファルコンXB・GTクーペ 1973(V8インターセプター)だそうです。


で、ちなみにそのオリジナルの車はこちら「There’s only one original Mad Max Interceptor and it’s not in Australia」から今は米マイアミのMiami Auto Museum at the Dezer Collectionにあるそうです。


もう一つですが、このテーマソングは我が国のMAN WITH A MISSIONと、あのZebra Headとのコラボということで日本の活躍も実はキラリと光るものがありますね。

MAN WITH A MISSION×Zebrahead 『Out of Control』(Mad Max Fury Road Ver.)


こういうのこそ、IMAX 3Dで見たいですね。都心ですと、千葉の木場か、神奈川の川崎あるいは南町田(クランベリーモール)になりますかね。(109cinemas)

最後に、この映画は14年の年月を掛けてやっと出来たもののようで、1度目は20th Century Foxのスポンサーにより始められたが例の2001年の911(米テロ)で延期、2度目は2003年のイラク戦争で撮影準備半ばで中止、メル・ギブソンも降板となり事実上の白紙となります。

3度目は2009年にWarner Brosがスポンサーとしてやっと決まり、既に砂漠のロケ地として決まっていたオーストラリアのBroken Hillが記録的な大雨で草原となってしまい、再度のロケ地探しから今回のアフリカ南西部のナミビア共和国/Namibiaのスワコプムント/Swakopmund近くにあるNamib砂漠にてやっと製作できたという経緯があるようですよ。

※ロケ地の特定はこちら「Namibia stands in as post-apocalyptic Australia in the much-anticipated blockbuster Mad Max: Fury Road」。




ファーストクラスの映像体験 今IMAX 3Dデジタルシアターが凄い ~アイアンマン3~
ファーストクラスの映像体験 今IMAXデジタルシアターが凄い ~007 スカイフォ-ル~

Fury Road TRAILER #2 (2015) Tom Hardy, Charlize Theron Movie HD


Mad Max in 5 Minutes

COMMENT 0