サントリーの「ふんわり鏡月 しそレモン」 日本風モヒートを思わせた目の付け所が良いで賞!?

Subscribe with livedoor Reader

さ~て最近、石原さとみさんの「しそとレモン、巡り合ったんだね、運命だね」が印象的なCMが気になっていましたが、そんなCMをしているサントリーさんから「ふんわり鏡 しそレモン」を頂きましたのでご紹介です。

ちなみに、このCMでゆるやかに流れる曲は、ロックバンド「THE BACK HORN(ザ・バックホーン)」のボーカル、山田将司さんのオリジナル曲だそうです。



Google


私自身はこの商品を初めて見た瞬間、日本風のモヒートみたいな感じかな? でした。モヒートは南米の焼酎みたいなラム酒にスペアミントの葉とライムを入れソーダで割ったお酒ですが、ご存知のようにここ数年でだいぶん最近流行ってきていますね。



実はこのお酒は昔からある定番で、それを日本風なテーストにしてみたのがこの焼酎という印象。そう、ミントの代わりにしそを、ライムの代わりにレモンをという印象です。ですので、そういう商品ができても普通にありかな? と感じていました。

最近は飲む量は減りましたが、かなりお酒には拘りの強い方でして、この「しそレモン」の組み合わせは想像がつきませんでした。新しいお酒が出る度にカクテルなんかもどんどんレシピが広がっていく世界ですので、やはり注目です。

そこで、モヒート感覚で飲むならやはりこれから来る春夏ですね、要注目です。今回はおつまみ程度にローズマリーを散らした熟成生ハムと、モヒート風にレモンとスペアミントの組み合わせで炭酸水で割って飲んでみました、予想以上にナイスです。


本当はこの商品のまま、しそ(赤紫蘇)とレモンの組み合わせにしたかったのですが、赤紫蘇は梅干しを付ける6月頃にしか出回りませんので、ちょうど夏がいいでしょうね。ちなみに、大葉(青紫蘇)でもいいのでしょうか?

【サントリー】のモニターに参加中

THE BACK HORN - ビリーバーズ





そして、割らずにストレートで飲んでみたのですが、まずアルコール度数16%なのでワインの少し強い感じで通常の焼酎ほどは強いとは感じません、もちろんラム酒よりはずっとこれは軽い感じです。そしてレモンの香りは鼻をグラスの中に入れてやっと分かる位のほのかさで、飲んだ瞬間しそ?と思ったらすぐレモンと何故かしら甘さが口の中に広がります。この甘さはモヒートにやはり通じますね。

そしてアフターが特徴で、レモンとほんのりした甘さが感じられはすれど、さっと引く感じで嫌味がなく、むしろ癖がなく素直ですので(まあ焼酎だから当たり前か?)、氷でロックでも、割って飲むタイプとしてもOKでしょう。そう、ほぼ無味無臭なウォッカの感覚で割りやすいでしょうね。


最後に、サントリーさんには貴重な商品・経験を試させて頂きありがとうございます、Ripreさんにもいつもお世話になっていますが、今後ともよろしくお願いします。

【サントリー】のモニターに参加中

ふんわり鏡月『運命の出会い』篇 15秒 石原さとみ サントリー CM


ふんわり鏡月『すっごく』篇 15秒 石原さとみ サントリー CM


石原さとみ、衝撃的な“運命の出会い”明かす 『ふんわり鏡月 しそレモン』新CM発表会

COMMENT 0