あの「ハリー・ポッター」シリーズ全7部の売上部数を抜いたのは、何と官能小説!?

Subscribe with livedoor Reader

どうも、あの「ハリー・ポッター」シリーズ全7部の売上部数を抜いて累計1億部突破という本があるそうですね。しかし、聞いてびっくりなのですが「Fifty Shades of Grey」という大人のラブストーリー、つまり官能小説だそうです。


来年には上映ということで、今年暮れくらいにはこの宣伝をかなり見かけることになるのではと思います。具体的なストーリーは知りませんが、純情な女子大生が、裕福な起業家クリスチャン・グレイにひかれて.... 引き込まれていくというストーリーだそうです。


しかし、これちょっと数字のカラクリがあるんじゃないかと思っています、これ。作者のE L James (ジェームス)女史が2011年にインターネットで作品を発表した経緯もあり、電子版&ペーパーブックス版合わせた累計部数になっているからです。



この点が書籍がメインだった90年代後半の時代の「ハリー・ポッター」シリーズの累計部数とは単に比較できない点だと感じます。しかし、主題歌がBeyoncé ということでかなりの資本(4000万ドル=40億円)を注入してヒットを狙うようです。

その後、シリーズ化されて下記の3部作になっているようですね。逆に、近年のAmazonの電子書籍 Kindleなどのポテンシャルを認めざるを得ないかもしれません。

  • Fifty Shades of Grey 2011
  • Fifty Shades Freed 2012
  • Fifty Shades Darker 2011

Fifty Shades Of Grey - Official Trailer (HD)


Beyoncé - Crazy In Love (Fifty Shades Of Grey) Official Soundtrack


Beyoncé - Crazy In Love ft. JAY Z

COMMENT 0