日本でChromebookを楽しむ方法 (限りなく無線LAN感覚のEthernet接続編)

Subscribe with livedoor Reader

今日は限りなく無線LAN感覚のEthernet接続による、Chromebookの楽しみ方をご紹介です。私のリビングは現在無線LAN親機と離れていますので、そこまでLANケーブルを這わすのは嫌なので、コンセント側に子機を挿してそこから短いLANケーブルで回線を取っています。


Google


自宅で使用している感覚としては、移動する度に違うコンセントに差し替えればよく無線LANに近くなっています。これオススメです、はい。じゃあ、そのために必要なのはEthernet端子を持ったコンパクトな中継器なんですね。特にBuffaloのWLAE-AG300Nか、WLAE-AG300N/Vは、コンセントに挿すだけではなく、電源が別にとれて卓上にも置けたりと便利なんですね。





もう既にBuffaloの「WLAE-AG300N」や、「WLAE-AG300N/V」は廃盤ですが、オークションなんかでもまだまだ入手可能ですからどうぞ。まあ、最速ではありませんが、USB 2なので300Mbpsあれば充分でしょう。何より手軽で3000円位でChromebookがさらにモバイル度も上がりますます楽しめるからいいですね、これ。


コンセントに挿したり、電源線から取ったりできるカラクリはこうです。まず、コンセントに挿す場合にはアダプターを装着しまして、機器に垂直にコンセントのオス端子で電源を取る感じになっています。

コンセント使用時

で、電源線から取る場合にはそのアダプターを抜きまして、ちょうどアダプターが刺さっていたところに電源線のジャックを入れて取る感じになっています。そうそう、当たり前ですが技適認証されてますので問題ないのは言うまでもないです。

電源線使用時

さらに、恐らくは有線LAN対応機器をワイヤレス化できるこちらの Buffaloの簡単無線LAN子機「WLI-UTX-AG300/C」も同じような使い方ができるんじゃないかと思います。そう、Buffaloの親機からデータを貰ってLANケーブル経由のEthernetで通信できる、かなりコンパクトな無線LAN化グッズです、はい。





COMMENT 0