HOME   »   Chromebook  »  技適違反にならずに、日本でChromebookを使う方法 (総務省で照合可能)
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
Subscribe with livedoor Reader

さてさて、海外の知り合いからGoogleのChromeBookを頂きまして、久しぶりに Appleの Macintoshに出会った若い頃の感動に出会いました。そこで、その感動をできれば大人の事情も含めて正々堂々と使いたいと思いまして、表題の技適の件ですが調べてみました。

技適違反にならずに、日本でChromebookを使う方法 (Ethernet有線編)


Google


これも、百聞は一見にしかずです。あーだ、こーだとウンチクくんよりは、実際に自分の目で確かめたのでこれもやはり、日本で初めてご紹介することになるだろうという自負もあります、今後の皆さんのご参考にとご紹介です♪

HP(Hewlett-Packard) ChromeBOOK 14 (14-q063cl)の仕様
Product Name 14-q063cl
Product Number F0H09UA
Operating System Chrome OS
Microprocessor Intel Celeron 2955U プロセッサ 1.4GHz
22nm プロセス Haswell世代 (2コア/2スレッド、TDP 15W)
Microprocessor Cache 2MB L3 Cache
Memory On-board 4GB 1600MHz DDR3L SDRAM
Video Graphics Intel HD graphics
Display 14.0-inch diagonal HD BrightView LED-backlit display (1366 x 768)
Hard Drive 32GB solid-state drive
WWAN HP cr3124 HSPA+ Mobile Broadband Module
Wireless Connectivity 2x2 802.11a/b/g/n WLAN
Bluetooth
Sound Dual speakers
Keyboard Full-size island-style keyboard
Pointing Device HP Imagepad supporting multi-touch gestures without on/off button
External Ports Multi-format digital media card reader for Secure Digital cards
 2 SuperSpeed USB 3.0
 1 Universal Serial Bus (USB) 2.0
 1 HDMI
 1 Headphone-out/microphone-in combo jack
Dimensions 0.81 in (H) x 13.56 in (W) x 9.44 in (D)
Weight 4.07 lb
Power 65W AC adapter
 4-cell 51WHr 7 Ah lithium-ion polymer battery
ID Mech Description Front-facing HP TrueVision HD Webcam with integrated digital microphone
Productivity Tools Free 100GB two-year cloud storage with Google Drive-save, access
and share your photos, videos and files anywhere!

私が所有のHP ChromeBook 14も、海外の情報でも確認していますのでもともと装備されていた状態であることは確かですが、技適マークのあるWi-Fiカード「Qualcomm Atheros, Inc. AR5B22」がメーカー出荷時の状態で搭載されていることを確認できました。実際に認証番号も総務省で照合できましたので、技適マーク表示がない無線設備を国内で使用するという違反はないとは考えますが、今のところ自己責任でお願いします。

各Chromebookの技適あり/なし一覧表
メーカー モデル名 (発売年月) WiFiカードのモデル名 ◎技適マークあり/なし
(技適認証番号)
HP Chromebook 11 G3 (2014?) 技適マークあり/なし不明 (-)
Toshiba Chromebook 2 (2014.9) 技適マークあり/なし不明 (-)
Lenovo N20p Chromebook (2014.8) Intel 7260 技適マークあり
(D130020003)
Lenovo N20 Chromebook (2014.8) 技適マークあり/なし不明 (-)
Acer Chromebook 11 (2014.8) 技適マークあり/なし不明 (-)
Acer Chromebook 13 (2014.8) 技適マークあり/なし不明 (-)
ASUS C200/200MA (2014.7) Intel 7260NGW ◎技適マークあり
(D130021003)
ASUS Chromebook C300 (2014.7) 技適マークあり/なし不明 (-)
Samsung Chromebook 2 (2014.5) 技適マークあり/なし不明 (-)
Toshiba Chromebook (2014.2) 技適マークあり/なし不明 (-)
Dell Chromebook 11 (2014.1) DELL DW1901? ×技適マークなし
Acer C720 (2013.10) Atheros AR5BMD22 ◎技適マークあり
(D120126003)
HP ChromeBook 14 (2013.10) Atheros AR5B22 ◎技適マークあり
(D111398003)
Google Chromebook Pixel (2013.4) Atheros AR5BMD22 ◎技適マークあり
(D111398003)
Acer C710 (2012.11) Atheros AR5B22
Samsung Series 5 Chromebook
(2011.6)
T77Z102.18 LF? ×技適マークなし

このようにちょっと歯切れが悪いのですが、法律家ではありませんので念のためなのですが、日本でWi-FiをONにするかどうかは私自身はまだNOです。そのうち一度総務省に聞いてみたいと思いますが、専門家の方のご意見も参考にしたいと思っています。

また当たり前ですが、日本の技適マークがない無線設備を搭載したChromeBookで、その搭載の無線設備を日本国内で使用することを私が薦めている訳ではありません、法律上禁止されていますので絶対にしないでください。

また、既に総務省の8月の「電波政策ビジョン懇談会」でも日本での来るオリンピックで訪日客の大量違法者が出ないように「中間取りまとめ(案)」でも、この問題に言及しています。そしてこちら「総務省、訪日客向けに「技適」緩和検討、電波法改正案を来年の国会に提出」にあるように、「日本の周波数で通信できる端末に限定して、技術認証の要件を緩和する方針です。

来年の通常国会に電波法の改正案を提出する」ということで、大手メーカーのものは(表に表記がなくても技適マークありの無線設備を搭載したものが恐らくは大半なので)既に無線局の良好な受信環境の保護という技術的な観点よりは大人の事情のようにもWi-Fiのみは感じますね。


技適違反にならずに、日本でChromebookを使う方法 (Ethernet有線編)





それでは、これから総務省でも技適の認証が取れている無線設備かどうかの確認方法のご紹介になります。総務省でも照合可能な結果も示しますので、かなり確実な方法だと思います。その確認方法の情報源となったのは、同じモデル「HP ChromeBook 14」の内蔵SSDを交換する方法が説明されたこちらの記事「Installing new NGFF SSD in HP Chromebook 14 (Falco)」が、情報源です。

赤丸の9箇所のスクリュー(+)ネジと、シリコン・ゴムを剥がすと現れる青丸の4箇所のスクリュー(+)ネジを取って、キーボード側のパネルをバリバリ剝がす事から始まります。これはちゃんと元に戻りますし、シリコン・ゴムは裏に両面シールでくっ付いているだけですので、上手く外せばまたくっ付いて元のようにシリコン・ゴムでパッキンできます。


それで、キーボードのある上面パネルをバリバリと剥がして少し明けた状態が、次のような写真の状態になっているはずです。ファン横の黄色い囲みで囲んだ部分がWi-Fiカードになります。もう少し拡大して見てみますとはっきりしますが、下記であることが分かります。こちらも、「Qualcomm Atheros, Inc. AR5B22」が搭載されていて、技適マークが見えるのが確認できると思います。


考えてみれば、そうですよね。Wi-FiはQualcommなどほんの一握りの数社の大手メーカーが提供しているのですから、米国だろうが、日本だろうが関係なく彼らは認証された情報は共通のラベルに印刷してグローバルに提供するだけです。いちいちどこに出荷するからこのラベルなんて悠長なこと言ってられませんので。

  (Qualcomm) Atheros, Inc. AR5B22

R 003WWA111393
R 003WWA111394
R 003GZA111395
R 003XWA111396
R 003YWA111397

T D111398003


各情報を調べてみますと、記号Tの分類となる電気通信事業法令上の端末機器としての技術基準適合認定は下記の情報が総務省で調べると確認できました。

2 株式会社ディーエスピーリサーチ
設計認証を受けた者の氏名又は名称 Qualcomm Atheros, Inc.
設計認証に係る設計に基づく端末機器の種類 専用通信回線設備又はデジタルデータ伝送用設備に接続される端末機器
設計認証に係る設計に基づく端末機器の名称 AR5B22
設計認証番号               D111398003 (総務省の技適情報)
設計認証をした年月日           平成23年12月22日

技術基準適合証明等を受けた機器の検索

さらに、記号Rの分類となる電波法上の無線設備としての技術基準適合証明は下記の情報が総務省で調べると確認できました。どうも出力や周波数からして、最初の「003WWA111393」が2.4GHzのBluetooth帯域の技適、残りは全て2.4GHzと5GHzのWi-Fi帯域の技適だと思います。

工事設計認証番号 電波の型式、周波数及び空中線電力
003WWA111393
(総務省の技適情報)
 F1D, G1D 2441MHz 0.0001~0.0002W/MHz
003WWA111394
(総務省の技適情報)
 D1D, G1D 2412~2472MHz(5MHz間隔13波) 0.007W/MHz
 D1D, G1D 2422~2462MHz(5MHz間隔9波) 0.0035W/MHz
003GZA111395
(総務省の技適情報)
 G1D 2484MHz 0.007W/MHz
003XWA111396
(総務省の技適情報)
 D1D, G1D 5.18~5.32GHz(20MHz間隔8波) 0.003W/MHz
 D1D, G1D 5.19, 5.23, 5.27, 5.31GHz 0.0015W/MHz
003YWA111397
(総務省の技適情報)
 D1D, G1D 5.50~5.70GHz(20MHz間隔11波) 0.0024, 0.003W/MHz
 D1D, G1D 5.51~5.67GHz(40MHz間隔5波) 0.0015W/MHz

もっとも、そんなことしないと確認できないのか?なのですが、できます。簡易な方法ですが、裏にあるラベルにはWi-FiカードがAtherosモデルと、Hauweiモデルが明記されているようですが、AtherosモデルにはAR5B22とあります。例えば、これをアマゾンで調べてみますと、やはりこちら「Atheros AR5B22 802.11a/b/g/n」にありますように技適マークありまして、同じ技術基準適合認定の番号と、技術基準適合証明の番号が一致していましたね。


恐らく一番早い今年2014年1月のfudebakoさんの記事「Acer C720 Chromebook を買ってみた感想」にもありますように、今時SSDが16GBしかないのがあれれ...ですが、基本同じCPU Celeron 2955U仕様の液晶画面がよりコンパクトな11.6"の「Acer C720」が技適OKとのブログが多いですので、こちらもご紹介した同じ方法で確認です。

このC720についてはWi-FiカードがAR5MD22でして、そこにある技術基準適合認定の番号は「D120126003」と、技術基準適合証明の番号は「003-120159」は、提供元のAtheros社のWi-Fiカード「AR5MD22」に対して付与されていまして、これまでご紹介したHP Chrome 14の状況とドングリの背比べ的な状況ですね。分かるところに明記しているか、していないかの差だけでしょうね。


2 株式会社ディーエスピーリサーチ
設計認証を受けた者の氏名又は名称 Qualcomm Atheros, Inc.
設計認証に係る設計に基づく端末機器の種類 専用通信回線設備又はデジタルデータ伝送用設備に接続される端末機器
設計認証に係る設計に基づく端末機器の名称 AR5BMD22
設計認証番号               D120126003 (総務省の技適情報)
設計認証をした年月日           平成24年5月8日

003-120159 F1D, G1D 2441MHz 0.0001~0.0002W/MH (総務省の技適情報)

技術基準適合証明等を受けた機器の検索

技適違反にならずに、日本でChromebookを使う方法 (Ethernet有線編)

その後
最後に、「技適が気になる方」さんとコメント欄にて色々と意見交換できましたので、こちら「電波法と無線LANについて」も参考にしながら、Chromebookを対象として私が検討した結果をQ&A形式でまとめてみましたので、ご参考まで。

Q.1 Chromebookは技適の対象か?
A.1 この答えは結論からいうと、Rマークが目印の「TELEC」による特定無線設備(小規模な無線局に使用するための無線設備)が電波法令の技術基準に適合していることを証明する「技適証明」は対象の要件を満たさないためNOです。しかし、Tマークが目印のJATAによる端末機器が電気通信事業法令の技術基準に適合していることを認定する「技適認証」では対象の要件を満たす場合にはYESです。

その理由としては、「TELEC」は無線設備としての認定のため、本体と物理的に容易に切り離しが出来ない形式であって、かつ無線通信のデフォルト搭載PC以外は、認定を受ける対象にはなりません。これは、無線LANが搭載可能な汎用ポートがあっても理論上は他の周辺機器も搭載可能なため、それを持っているだけでは「無線設備」とは見なされないためだそうです。

一般には、この「TELEC」による技適が無線設備では一般的なのですが、物理的に基盤に取り付けられ切り離しができないノートPC以外は、Chrombookも含めて全く関係がありません。じゃあ、JATAの証明は必要かというと、携帯電話やコードレス電話など電気通信回線に接続するものには技術基準適合認定も必要となりますが、ノートPCに対して必須だとするかは... 調べた限りはっきりしませんでしたが、必須ではないです。

Q.2 Chromebookでは何故Chromebook本体での認証はないのか?
ノートPCメーカーにしてみれば、認証を受けたカードとアンテナを容易に取り外し出来る状態で搭載してるだけであり、まさに「技適証明を受けた無線設備の工事設計書の記載内容と、実際の無線設備の構成・性能が同一である」状態にあるため、組み込んだ無線設備の「技適認証」を表示しておけばいいだけです。

それで「技適」としてOKなのであれば何故自分達が態々とる必要があるあるのでしょうか? OS、CPU、マザーボード、パーツ、周辺機器と色々な会社から供給されているソフト、ファームウェア、部品、機能からなるPCは部品変更、ファームウェアアップデート変更が当たり前であり、下手に自分が取ってしまうと、絶えず申請し直しのリスクを負うことになり百害あって一理なしだと感じます。事実、私が知る限り技適の番号は全て内蔵されるWi-Fiカードに対して各メーカーが申請しており、そのWi-Fiカードの技適番号を表示しているだけです。

例えば、デスクトップPC内蔵型のPCIバス対応無線LAN機器(モジュール)を外したり付け替えたりすること自体は電波法令上、違法ではないようです(PCIバスは拡張ボードの着脱ができることが前提であるため)。同様にノートPCの内蔵無線LANモジュールも、この延長で考えることが出来ると感じます。

PC本体ではなく、PCに内蔵されている「モジュール」が技適や認証を受けており、かつ誰もが簡単な作業で着脱できる仕様のものであれば、他のものとの交換は可能かもしれません(モジュールが「無線設備」となるため)。

この場合は、取扱説明書に「拡張ボードの交換方法」として着脱方法が明示されているはずです。一方、ノートPCから容易に分離できない位置に搭載され、かつモジュールではなくPC本体で技適や認証をを受けている場合は交換はダメ(無効)のようです(この場合はPC本体が「無線設備」となってしまう)。

Q.3 電波法令の技術基準に適合していることを証明する「技適証明」は何を証明?
Rマークが目印の「TELEC」による「技適証明」の制度は、無線設備の設計者などの申請に基づき、証明機関が実機を使い無線設備の工事設計書の内容が適正かを審査し、それが適正と認められれば証明機関が適合証明をなし、その適合証明の工事設計の内容のとおりに設計された無線設備を利用する無線局については「落成検査」「変更検査」を経ずに無線局の免許や変更の許可を与える、というものらしいです。

つまり、技適の証明対象は「技適証明を受けた無線設備の工事設計書の記載内容と、実際の無線設備の構成・性能が同一であること」が前提となっているため、この関係が保たれる限りは内部修理がなされても技適の効力は失われず、反対にこの関係が保てない場合、例えば技適証明を受けた工事設計書に記載されたのと同一の性能補修用部品の在庫が無くなり同一性能の代替部品を使って補修をした場合には技適は失効することになります。


技適違反にならずに、日本でChromebookを使う方法 (総務省で照合可能)


HP Chromebook 14 Review


Acer Chromebook C720 Review


HP Chromebook 14 vs. ACER C720

Twitter はてなブックマークに追加
NEXT Entry
最近、ホストを解決しています....と待たされることがありませんか?
NEW Topics
都内で90年代メインのクラブあるいはイベントは意外とある? ない? ~3/30(木) ヒットパレード90s マハラジャ六本木~
都内のディスコ・クラブの変遷 ~Google Chart版~
FC2ブログ上で、Google Chartが書けるかどうか?
今月末3/31(金)は六本木 Esprit Tokyoでディスコ・イベント ~THE NIGHT PLAYERS 5周年100回記念 Special Party~
Tokyo MX 「5時に夢中」の司会者 ふかわりょうが今週末3/19日曜日にマハラジャへ
2000年以降のクラブの定番曲♪ ~2000年から現在(2010年代)~
2000年以降のクラブの定番曲♪ ~2000年から現在(2000年代)~
ご冥福をお祈り申し上げます。 ~ゴロワーズを吸ったことがあるかい~
渋谷 CamelotでもDISCO HOURSという80年代メインのイベントが月1で開催♪
90年代のディスコ/クラブの定番曲♪ ~90年代~
明日2/20(月)のMAHARAJAに「Let It Whip」などで有名なDazz Bandの元メインボーカリストが来店♪
70年代、80年代ディスコの定番曲♪ ~80年代~
70年代、80年代ディスコの定番曲♪ ~70年代~
ヒッチハイクは違法?
2017/1/20 トランプ新大統領の就任演説 ~とうとう米国は トランプ大統領の誕生です~
Comment
277
技適は…
アンテナを含めた認証が必要で、カードだけ技適マークが付いてても意味が無いはずです。なので、ノートPC(Chromebook)のように、ケースに合わせたアンテナを利用する場合には、カードの技適が無効になりえます。

https://www.telec.or.jp/tech/tech_09.html
ここのQ19に該当するかと思います。

ということでなので、Chromebook本体に技適マークがない限り、技適違反にかわりない、と認識しています。

278
Re: 技適は…
コメントありがとうございます、勉強になります。Q19については、私の理解では、技適の認証番号を受けた無線設備であっても、その特性が申請した時の特性と変わるような改造をすると当然無効になるということを言っています。これは車検に通った車であっても、その後著しく特性が変わる改造をした場合には車検は無効になるのと同じです。

したがって、Q19の言葉通り、市販されている認証若しくは技適の証明のある無線設備を購入して、そのままの状態で使用して販売することは、証明の効力には影響が生じませんので、技適は有効だということだけです。だって、そうですよね、技適の認証番号を受けたWi-Fiカードをメーカーは、それをそのまま組み込むだけでカードの技適が無効なら、そんな技適の認証番号なんて意味がありません。ここまでは、私の言っていることの方が正しいと思います、どうでしょうか?

ちなみに、Chromebook本体に技適マークがあっても、そこに書いてある認証番号はWi-Fiカードに対して付与されていますので、仰っている意味が私には理解できません。だって、実際の申請の中身を理解して貰えば私の言っている意味が分かって頂けると思います。技適の認証番号が何に対して付与されているかというと、ノートPC(Chromebook)ではなく、Wi-Fi-カードに対してです。

したがって、例えば、HP ChromeBook 14の認証番号と、 Acer C710の認証番号は同じD111398003になります。その理由は、同じWi-FiカードのAtheros AR5B22を使用しているからです。なので、いくら本体にあっても、それは技適の認証番号を得たWi-Fiカードを使用しているため、技適は問題ありませんと分かるようにしているだけだと思います。どうでしょうか?

> アンテナを含めた認証が必要で、カードだけ技適マークが付いてても意味が無いはずです。なので、ノートPC(Chromebook)のように、ケースに合わせたアンテナを利用する場合には、カードの技適が無効になりえます。
>
> https://www.telec.or.jp/tech/tech_09.html
> ここのQ19に該当するかと思います。
>
> ということでなので、Chromebook本体に技適マークがない限り、技適違反にかわりない、と認識しています。

279
Re: Re: 技適は…
追記です。仰りたいことを私なりに想像するとこうなります。確かに、例えばBuffaloのある無線ルーターの技認の承認番号は003WWA090058で、付与された人は株式会社バッファローで、モデル名はWZR-HP-G300NHです。この場合にはこの無線ルーター自体が無線設備となるのでしょう。そのために株式会社バッファローが、各無線ルーターに対して認証を申請している状況が伺えます。これのような例でお話をされているのでしょうね。

但し、ノートPCのWi-Fi機能についての技認は、ノートPCで申請するのではなく、Wi-Fiカードに対して申請している点が、ちょっと通常の無線設備とは違うのでしょうね。なので、ノートPCの場合には汎用の機能を有する電子機器ではありますがノートPCが無線設備とは何らかの意味で該当せず、Wi-Fiカードが無線設備として技適を付与されるとか、ノートPCに対してはもしそのような申請があるとするとそのWi-Fiカードの認証番号を記載すればいいとか、そこら辺詳しい方ご教授お願いします。

280
Re: 技適は…
一部、自分の誤解から間違って伝わってしまったようで、申し訳ないです。自分も専門家ではなく、気になってる一般人なので、理解が深められればと思っています。

まず、自分の誤解ですが、技適(工事設計認証)を受けた機器を内蔵し、その表示が外部から見れない場合でも、外部に表示する義務がある、と思っていましたが、そのように明言している文章が見つけられませんでした。
ついでに、技適マークが画面表示や取説表記で良くなった事もあるので、筐体にマークがないだけでは判断できない、というのが正しそうです。

>その特性が申請した時の特性と変わるような改造をすると当然無効になるということを言っています。

そのとおりだと認識しています。ただ一点確認したいのは、この特性とは、出力される電波の特性で、技適(工事設計認証)はアンテナまで含めて取得されているものだ、ということです。
財団法人の発行している、工事設計認証の手引を見てみると、アンテナ(空中線)の項目には、寸法・形式・製造業者などを記載する旨が書いてあります。
www.jqa.jp/service_list/safety/file/guidance_radio.pdf

>技適の認証番号を受けたWi-Fiカードをメーカーは、それをそのまま組み込むだけでカードの技適が無効なら

そして、ここですが、果たしてChromebookのメーカは、WiFiカードメーカが技適を取得したWiFiカードとアンテナの組み合わせを利用しているという保証があるかどうか、というのが気になっている点です。
これが、違う組み合わせの場合、当然技適を通らない組み合わせとなります。

たとえ、FCCの番号が外装とWiFiカードで一致しているからといって、その組み合わせが技適でも認証されている保証となるわけでは無いので…

そうなった場合、日本国内販売する場合には、WiFiカードの技適マークを削除しないと文書偽造になるかとおもいますが、日本国内で販売を考えていないChromebookの場合、日本の国内法では違反ならないため、はわざわざ削除するコストをかけるのでしょうか?という疑問です。

分解して内装機器の番号を確認するユーザが「一般ユーザ」に含まれるとは思えないので、その点では「技適番号が容易に確認できる状態にない=一般ユーザは技適が無いと認識しろ」、というメーカの意思もあるのではないか、などと深読みもしてしまいます。これも冒頭に書いたとおり、取説に明記されていれば全く別な問題になるかとおもいます。

281
Re: Re: 技適は…
一連のご指摘については、私は結論はこうだと思っています。例えば、無線LANのUSBアダプタのように最近はアンテナも含めWifiは小型化されているのはご存知だと思います(こちらは表記さえありませんので)。ですから、ご指摘のアンテナは基本Wi-Fiカードに含まれているため、さらには既にWi-Fiカードなどは本来の無線法の趣旨である無線環境の保護で(オリンピックも控え訪日客に対してはスマートフォンなど限定した技適なしの機器での接続許可する法案が進められていることから分かりますように)」通常のまともな大手メーカーの製品では技術的に問題になることはないので、単にWi-Fiカードで申請すればいいだけです。

もっというと、グローバルに製品提供する必要があるPCメーカーとしては、内蔵するWi-Fiカードは通常カスタムオーダーでAMD,IntelのCPU毎、Bluetoothも含めるかなどによりカードの種類も増えますし、同じWi-Fiカードでも通常2社以上から購買しておりさらに種類が増えます(2つの観点で合計すると大体通常のノートPCで15種類にもなります)、その度にPCとして申請するよりはPCメーカーからすれば所詮部品でしかないのでWi-Fiカード単体で取得できるものは取得して貰ってそれを組み込めばOKなフレームワークで進めた方が得策なためです。(PC全体だけでも大変なのに、所詮Wi-Fiカードなんて部品なんで、そんな認証なんて重要じゃない、ど~でもいいものなんですよね)

また、汎用性の高いPCは基本なんでもできます。申請して取得してもよく無線LANのDD-WRT化などで分かりますように、アプリケーションで出力は幾らでも上げられるようになっています。なので、何らかの形で技適を受けたWi-Fiカードを挿せば自分達が技適を取得しなくてもいいような仕組みを構築しているんじゃないですか? 論より証拠として、AcerのC720の筐体に表示ある技適ラベルは、ブログでも説明してるように下記の写真になります。

http://blog-imgs-67.fc2.com/m/y/k/mykeita/acer_chromebook_c720_label.jpg

そこに書かれている番号はこれまたブログでも説明してるように、認証番号「D120126003」はWi-FiカードのAR5BMD22に対して申請されていますし、証明番号「003-120159」も同じくWi-FiカードのAR5BMD22に対して申請されています。したがって、残念ながらノートPCでは申請していないため、以上でお話したロジック通りでないと今日本で正規に(法人向けに)販売されているChromebookは全てアウトになってしまいます。どうでしょうか?

最後に、このような掘り下げた議論は歓迎しますし、私もこれを通してこれを見られている方の参考になるであろうことが一番嬉しいです。本当に色々と教えて頂きまして勉強になります。また、私も誤解している部分が多々ありますのでこれに懲りずまた当ブログに立ち寄って頂ければ幸いです。

282
単純な話で…
>ご指摘のアンテナは基本Wi-Fiカードに含まれているため

この点ですが、掲載されている画像
http://blog-imgs-67.fc2.com/m/y/k/mykeita/hp_chromebook_14_14-q063cl_05.jpg
を見ますと、灰色と黒の同軸ケーブルがWiFiカードから伸びているのが見えます。これはアンテナにつながる配線であり、つまり、アンテナが外部に存在するという意味になると思います。
そのため、「含まれている」の言葉が、物理的に、カード上にアンテナがある、という意味でしたら間違いとなります。

DD-WRTに関しては、出力をいじった場合は違法だと思われます。工事設計認証は、電波の形式・出力電力も含めた認証です。出力電力は、ソフトウェア的に制限できれば、認証を通ります。この制限を取り払う行為は、たとえハードウェアを触れていなくても、「改造」となります。要出典状態ですが、wikipediaでもそのような議論があるようです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/DD-WRT

この点については
http://ja.wikipedia.org/wiki/ソフトウェア無線
の項目が当てはまるかと思います。上記ページにも書いてあるとおり、無線LANアクセスポイントのチャンネルを増やす行為だけでも、特例であるとわかっていただけるかと思います。

自分の意見を整理すると

・筐体に内蔵品と同じ技適番号が書いてあれば、筐体メーカが責任を持って、全体として技適が通っている保証をしているのではないか。
 ・同じ番号を表示できる条件は、WiFiカードメーカが提供するアンテナを利用した場合。(筐体メーカがWiFiカードメーカにアンテナを含めて追加認証を依頼等も含め)
・筐体に技適マークがなく、容易に内蔵品の番号が確認できない製品は、筐体メーカが全体としての技適を保証していないのではないか。

となります。
そのため、筐体に技適番号が書いてある端末については何も問題無いと思っています。

283
Re: 単純な話で…
お互いの考え方が出揃ったと思います。残念ながら、私の理解とは相入れない部分もあるように感じました。これ以上は素人同士が話をしていても解決しない領域だと思います。今後はお互いの考え方を直接その機関か専門家に聞いて、検証してみませんか? これ以上は想像の域でしょうこが必要だと感じます。

最後の整理して頂いた点は、基本私の理解と相容れませんでしたので、検証を今後していきたいと思います。但し、整理して頂いた2点目については考え方は近く、Wi-Fiカードが申請した仕様の範囲内であればメーカーの自己検査でOKだとは思っています。これが、部品メーカーで認証を取ればOKなスキームのことを言っています。

307
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Translation(自動翻訳)
カテゴリー/月別アーカイブ
 
月別アーカイブ
最新コメント
Comments<>+-
Trackback <> + -
BOTチェッカー
Googleボットチェッカー
Yahoo!ボットチェッカー
MSNボットチェッカー
[カテゴリ]

openclose

Hatenar ランキング
ブログ分析
フィードメーター - これってちょっと良さげかな~♪ ぷちブログ
The Search 検索エンジンThe Search カテゴリ
PageRank Checker
ブログランキング
FC2Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン ブログランキング ドット ネット
ブログランキング 【トレミー】人気ブログランキング
ブログランキング ブログランキング
ブログランキング
プレミアム・プログラム


ブログタイムズ



プロフィール
プロフィール

けたまん

Author:けたまん
FC2ブログへようこそ!




Copyright(C) 2008-2017 mykeita All Rights Reserved.
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
32位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
楽器
2位
アクセスランキングを見る>>
人気記事ランキング10
Vsitor
free counters
抵抗と、コンデンサの読み
カウンター
WORLD TIME



Copyright(C) 2008-2014 mykeita All Rights Reserved.


CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031