HOME   »   HP  »  HPの17" ノートPC Pavilion dv7-6000/CTのファン交換について(後編)
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
Subscribe with livedoor Reader

HPの17" ノートPC Pavilion dv7-6000/CTのファン交換について(前編)の続きになります。ロジックボードを無事外したところからですが、次はファン付きヒートシンクの取り外しからになります。


Google


冷却ファン+ヒートシンクは何種類かありまして、実は私は間違えて購入してしまったのですが、上記の写真のように左はもともと取り付けられていたモノ、右は間違えて買ったものです。

  • 左はもともと取り付けられていたGPUにもヒートシンクがある型格: 641477-001
  • 私が間違えて買ったGPUのヒートシンクがない型格: 650847-001

しかし、ファン自体は同じDelta Electronic社のDC Brushless Model 「KSB0505HB」でしたので流用しまして、問題なく交換できました。

こちらに、全く同じ設計のものの分解の仕方が写真付きでありました、わかりやすいのでオススメです。

「Complete disassembly instructions for HP Pavilion dv7. Guide 2.」
「How to remove screen from HP Pavilion dv7」



ロジックボードを取り外しますと、CPUと(AMDの)GPUのネジを外していきます、それだけです、はい。


予想通り、ファンの部分には埃がいっぱいでもう排気機能がない状況になっていましたし、何よりファンが新しいものと違いファンの回りがまったくよくありません。そう、ファンが寿命で死んでいました。


その次は、ロジックボード側のCPUになりますが、写真はちょっとシリコングリースを取り除いたところ。しかーし、ちょっと残念なことが... 何と絶縁体フィルム?が位置ズレしていて、CPUにその絶縁フィルムが思いっきり被っていました

これが意味するところは、被っているため熱伝導がその部分は思いっきり悪くなっており、最悪接触不良気味になっている状態でした。どうりで、ファンが購入当初から調子悪いように感じてましたが、原因はこれで思いっきりハズレの製品でした。

これでMade in TokyoというHPのキャッチコピーはちょっと本当かな? こんなの日本人の感覚ならチェック時点で不良だから、Made in TokyoだけどMade by Japaneseじゃない でしょうね? またはアジアの何処かで製造、日本は組み立てだけでMade in Tokyo なら納得。しかし、例の絶縁フィルムによるCPU接触不良がなくなったためか、実に調子がいいとはこのこと でしょうね、分解して得た思わぬ効果にニンマリ。


気を取り戻して、被っている絶縁フィルムの部分を切り取り、接触が本来ある正常な接触となるようにしてシリコングリースを塗ります。私は銀入りの熱伝導の高いものを使用しました、より効果が出ますよ~に。


後は、外した順番を逆から戻すようにしていき、無事ネジが余らないことを確認したら、電源オン♪ あれれ? 立ち上がらない!! 一瞬真っ青になりましたが、どうもDVDドライブまでは起動していて、そこから動かないのでSSDのOSが立ち上がっていないような...

一応メモリを奥までシッカリ差し込みなおして起動しますと~ やった、起動OKということで、今こうしてそのノートPCで書いてます。無事交換終了ということで、ご参考まで。

前編はこちら
HPの17" ノートPC Pavilion dv7-6000/CTのファン交換について(前編)
保冷剤からの解放(HP Pavilion dv-7 6000 CPUファン交換) by Synergycatさん

読者の声からも同様なことが多いようですね。ヒートシンクの熱接触不良。。。。

「こんにちは。私もdv7-6100(i7 2630QM+HD6770)を2011年に購入して 昨日購入以来初めて分解掃除したんですが、 CPU、GPU共に絶縁シートがズレていて、ダイに被った状態になっていました。

なのでシートをまっすぐ貼り直してグリスも塗り直し、 ヒートシンクの埃も除去した上でCPUの温度を計測したら、 アイドル時で51℃→39℃まで下がりました。

購入当時で既にアイドル時50℃ぐらいあったので、 まぁi7だしこんなもんかと思って特に気にせず4年半酷使してきたんですが、 まさか購入時より10℃以上も温度が下がるとは思わなかったですね。

こんな放熱が妨げられた状態で4年半よくどこも故障しなかったなと。 今まではフルHD動画を再生するだけでファンが回ってたのですが、 今では全く回らなくなり超快適です。

おそらく同様のハズレ機種は他にも多数存在してるはずです。 私のモデルはmade in chinaなので組み立ては中国でしょう。 本当に仕事がいい加減です。」

HowTo: Disassemble HP Pavillion Dv7

Twitter はてなブックマークに追加
NEXT Entry
今年になってからでしょうか、何で Mason Jarが人気なんでしょうね?!
NEW Topics
今月末3/31(金)は六本木 Esprit Tokyoでディスコ・イベント ~THE NIGHT PLAYERS 5周年100回記念 Special Party~
Tokyo MX 「5時に夢中」の司会者 ふかわりょうが今週末3/19日曜日にマハラジャへ
2000年以降のクラブの定番曲♪ ~2000年から現在(2010年代)~
2000年以降のクラブの定番曲♪ ~2000年から現在(2000年代)~
ご冥福をお祈り申し上げます。 ~ゴロワーズを吸ったことがあるかい~
渋谷 CamelotでもDISCO HOURSという80年代メインのイベントが月1で開催♪
90年代のディスコ/クラブの定番曲♪ ~90年代~
明日2/20(月)のMAHARAJAに「Let It Whip」などで有名なDazz Bandの元メインボーカリストが来店♪
70年代、80年代ディスコの定番曲♪ ~80年代~
70年代、80年代ディスコの定番曲♪ ~70年代~
ヒッチハイクは違法?
2017/1/20 トランプ新大統領の就任演説 ~とうとう米国は トランプ大統領の誕生です~
Everglow(永遠の輝き)という素敵な響きの曲は?
昔懐かしいマハラジャですが、六本木の火曜日DISCO MANIAはこんな感じ!?
バイオハザード ザ・ファイナル 公開記念イベント 12月12日 21:00から
Comment
297
詳しく解説して頂き、ありがとうございます。
FAN交換に大変参考になりました。
私の機種ではネジ等を全て外した後に、本体からロジックボードを外す時に、少し手間取りました。

298
Re: タイトルなし
そうですか、少しでも参考になれば幸いです。

本体からロジックボードを外す時は私もそうですよ、どう外せばいいかと、
どう戻せばいいか探るのに時間が掛かりました。

一度出来てしまえば、何度でもできる感じですね。
本当は動画で撮るといいのですがね、なかなかそんな余裕は最初はありませんから。

309
ありがとうございます
詳細な解説のおかげで、PC買い替えにならずにすみました。

ノートPCは分解不可なものという頭があり、特に筐体カバー部分とロジックボード部分はこのエントリの外せるという実績がなければ、まず分解不可だったと思います。

ありがとうございました。

310
Re: ありがとうございます
下記でさらに詳しい情報を掲載して頂いてありがとうございます。
2つを合わせて、さらに皆さんのお役に立てるよう記事内でリンクさせて頂きました。

保冷剤からの解放(HP Pavilion dv-7 6000 CPUファン交換) by Synergycatさん
http://synergycatfx.blog.fc2.com/blog-entry-224.html

Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Translation(自動翻訳)
カテゴリー/月別アーカイブ
 
月別アーカイブ
最新コメント
Comments<>+-
Trackback <> + -
BOTチェッカー
Googleボットチェッカー
Yahoo!ボットチェッカー
MSNボットチェッカー
[カテゴリ]

openclose

Hatenar ランキング
ブログ分析
フィードメーター - これってちょっと良さげかな~♪ ぷちブログ
The Search 検索エンジンThe Search カテゴリ
PageRank Checker
ブログランキング
FC2Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン ブログランキング ドット ネット
ブログランキング 【トレミー】人気ブログランキング
ブログランキング ブログランキング
ブログランキング
プレミアム・プログラム


ブログタイムズ



プロフィール
プロフィール

けたまん

Author:けたまん
FC2ブログへようこそ!




Copyright(C) 2008-2017 mykeita All Rights Reserved.
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
25位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
楽器
1位
アクセスランキングを見る>>
人気記事ランキング10
Vsitor
free counters
抵抗と、コンデンサの読み
カウンター
WORLD TIME



Copyright(C) 2008-2014 mykeita All Rights Reserved.


CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031