Jim Dunlop GCB-95 Crybaby Wah Super Sweet MOD - DUNLOP Cry baby

Jim Dunlop GCB-95 Crybaby Wah Super Sweet MOD

そろそろというか、これまでかなりBOSSエフェクターでMODの実績が出てきましたんで、ワウなんかも出してもいい頃かな?ということでご紹介します。

まあ、このワウに関しては、これまでにないインダクターという新たな電子パーツが登場することになりますが、そんなに難しくは考えずに考え方はシンプルで、ビンテージのVOX V846っていう音にしたいとか、ジミヘンのあのワウの音が出したいとか、まあ兎に角出てくる音をこうしたいが重要なんですね。

そのために色々なMODがありますが、このワウは非常に回路構成が簡単なため、(どのパーツを選ぶか、お互いにこちらを弄るとそちらに影響するというような相互作用の考慮も含めて)目には見えない周波数特性の合わせ込みでほぼ音が決まると言っても良いです、はい。ですのでなのか、ワウ自体あまりメジャーではないのか、なかなかMODをする方の人口は少ないのではないでしょうか。

音的には、いや~クウゥゥゥァァァァ~♪ですよ。今回はFulltoneのポットなしで試しましたがいや~良さげな感じです~♪何せMODだけで6千円弱位掛かってますから。さらに、後でFulltoneポットも試しましたがいやはや完璧です(但し、これだと1万円弱行きますから)。友人のV846と較べましたが、音の線はやはり正直ちょっくら細いですが、これだと合格点だと思いますよ。

それで、基本的には下記の4つのMODがあり、それを取捨選択して施す感じになります。これから少しづつ解説を更新していきます。まあ、もっともTEXAS BLOODさんに詳細がありますので、もう少し細かいことはそちらを見るといいかもしれませんね。



こちらで紹介するMODはイタリアンカラーで赤字のMODおよび緑字のMODは全て組み込んでいます。MOD内容的には結構多めに組み込んでいます。

回路的なMOD:

①True bypass MOD: ワウは他のエフェクターにはないインダクターがあるお陰で、ペダルoff時に回路を通ると(分かりやすくいうと音がみんなインダクターに吸われてそこに溜まってしまうため)音痩せが激しいペダルになっています。そこで、True bypassにすることでペダルoff時に回路を通さず、この症状を回避します。これは、ちょっと配線の数が多いので面倒ですが通常のエフェクターと変わらないので慣れればどうということはありませんよね。

②Volume/Gain MOD: 但し、True bypassにすると今度はペダルoff時と、ペダルon時に音のレベル差が生じてしまうためこれも対策する必要が出てきます。そのためのMODです。これは(Cry Babyのようにインプットバッファーある場合は取り除いて)True bypassにした場合、基本は入力段の抵抗(一般的には)68K -> 47Kにすれば音量差なるはずです。これだけの簡単な内容です。(これは通常Volume MODとか、Gain MODとか言われていますが、確かにVolumeも変わると同時に、Gainも変わってしまうのでこう呼ばれています。)

③Vocal MOD: インダクター横の33Kの抵抗を下げて(Q幅を広くしてやり)ワウの掛かり具合を甘くするものです(逆にワウの掛かり具合を良くするには抵抗を上げてやればいいです)。これ劇的に音色が変わるのですが、そこがワウの難しいところで掛かりを甘くすると輪郭のぼやけた締まりのない音になってしまいます、はい。なので意外にこれ単独だけだとあまり良さげにはなりません、しかーし、⑤Bass/Gain MODと併用してもう少しゲインを上げてやり、バスも締めてやるように合わせ込んでやると音が締まったかなり良さげな音になります。(これもポッドで0~100KΩまで可変調節する場合にはQコントロール MODとも言われる場合があります。色々なメーカーでも最近付けているこちらのQコントロールをここで紹介するワウも施しています。20Kは1時方向、68KKは3時方向)よくお薦めはVOX系の音に近い47Kか、もう少し掛かりのいい68Kとかいいますが、あれだと掛が良すぎます。TEXAS BLOODさんのいうようにキャパシタC=4.7ufと抵抗RのCRで効いてくるので、現行Rは20K位に低くすべきと思います(ワウの原理的な解説はこちらが有名です。許可取れれば翻訳文のせようかと思っています)。 (相互に影響する⑤Bass/Gain MODはインダクター横の抵抗=20Kの最適値の場合に最適化された390Ωにしています。)



④Mid Boost MOD: これも色々なメーカーで最近付けているMid Boostになります。ただ、メーカーは何故かセレクタSWですね。これは結構効くので、今回セレクタSWではなくポット(1.5K~2.5KΩの範囲)にて可変コントロールできるようにしています!これって皆さん何故しないのでしょうかね?ブーストするといい感じで音が太く力強くなりますよ(一般的にいいと言われている3時方向の)2.2Kがやはりよかったのでお薦めします(デフォルトの1.5Kは12時方向です)。どうもこれはDunlopのマルチワウ 535Qというシリーズと同じことをしていることが分かりました。

⑤Bass/Gain MOD: これはセレクタSWが無難と思います。トランジスターのアースへポットを介しているため、エフェクターONだとポッド回す際にガリガリとノイズが乗ってしまうのでNG(大昔に、MODの内容を間違ったか、ポッドが可笑しいと思いましたが、何回CHKしても出たので勉強になった思い出があります)。今回は基本はここは固定なのですが、内部で可変トリム(0~500Ω)で変更できるようにはしておきました(セレクタSWだと能がないので)。現在は③Vocal MODで20Kにした時の最適値の390Ωに設定。これは270Ω位にまでしてもいいと思います。これで、Q幅を広げて少し甘くなった音の輪郭を元に戻すというかクリアにするというか、音が活き活きしてくるような感じになります。

⑥周波数Range MOD: 0.01ufのキャパシタの定数を上げることで、ワウの周波数の中心を低域へずらすMODになります。ここで紹介するワウではソケット化して適宜差し替えるようにできています。例えば、JH-1化は0.022uf、ベース用には0.033ufという風に言われています。(現在は0.022ufにしてJH-1化しています。)Crybabyは0.01ufより若干上げた定数がいい感じでした。



その他パーツの選定によるMOD内容(兎に角、中域のふくらみ、音のふくよかさ、温かみを加えます)

⑦インダクター交換: 一般的には入手できるなかでは、Haloインダクターが最も音が太くいいと言われています。そして(若干Haloインダクターより線が細くなるものの)Fasel赤もHaloインダクターと同じように暖かな音で、よりスムーズにワウが推移する感じで価格は手頃でコストパフォーマンスに優れます。後は少し高域よりの黄Faselです。こちらは、私的にはあまり好きでありませんが、チャカチャカとリフを弾きながらワウを踏むには言いようです。(今回はFasel赤を選択しています。ちなみにV846はトロイダルコイルで、この赤も同じトロイダルです。黄色はカップコアと言って別の種類ですのであまりお薦めしません。)

⑧トランジスタ交換: オリジナルはハイゲインのMPSA13が載っていますが、これを2N5172にするとさらにいい感じなります(中域がいい感じで前に出てくる感じですか)。その場合にはどうもCentral Semiconductor社のものがいいとされています。Fairchild社のはあまりお薦めされていません。(ここでは、Central Semiconductor社の2N5172に乗せ換えました。)

⑨キャパシタ交換: これも理想はトロピカルフィッシュと呼ばれる0.22ufのポリエステルフィルムに交換するのがよいとされています。ただ、ERO社の1862もいいとされています。(今回は'80代のNOSのトロピカルフィッシュ後継品に乗せ換えました。これで兎に角より柔らかく、温かみが増します。)

⑩キャパシタ0.01ufの交換: これも理想は銅箔のスチコンがいいとされますが、今回はこれも生産中止で入手がなかなか困難なアルミ箔のスチコンにしてみました。

⑪ポットの交換: これもIcarのポットか、Fulltoneのポットがいいとされます。クウァァァァの美味しいところが長く続きます。クウゥゥゥゥァァァァ?かな。(今回はそこまでは交換していません。が、ポット交換しないでここまで良さげな感じになるのを知って頂きたいです!ですのでFulltoneが入手できればご自分でも交換してみてください。それだともう完璧です、はい。)

ちなみに、ポットの調節はどうされてます?最初から、杓子定規に開ききったところからとか、押し込んだところから何溝巻きお送りとか、巻き戻しとかいいません。要はちゃんと自分の耳で聞いて、ハイが気持ちよく出るところに設定するが大々前提です。あくまでワウなんて自分が気持ち良ければいいんです、気持ちいいいようなところで自信を持って設定しましょう!で、どうしてもとう人には、いいですよ、開ききったところから自分より反対へ(電池を自分側にして下から上へ)2溝から3溝(私は大体3溝が気持ちいい感じでお薦めしますが、もう少し甘い感じがいい人は2溝の方がいいと思います。)

COMMENT 0

TRACKBACK 1

この記事へのトラックバック
  •  Wylde WahのQ幅調整
  • Jim Dunlop ZW-45「Wylde Wah」をトゥルーバイパス化+入力バッファー除去、LED取付、ピーク周波数切替SW増設MODを敢行 でも、やっぱり掛かり方が弱いんで、ネットを漁ってると良い記事(Jim Dunlop GCB-95 Crybaby Wah Super Sweet MOD)を発見(この記事では、自分とは逆に掛かりを浅くする方向でMODしている) このサイト(D...
  • 2018.08.26 (Sun) 10:58 | あっ君のひとりごと