荻窪 台湾郷土料理「客家亭」で「フカヒレの姿煮」に舌鼓!実食体験レポート

Subscribe with livedoor Reader

荻窪駅西口の直ぐ近く、ロック・バンドを組んでいる人だと「OGIKUBO club Doctor」横のお店で分かると思いますが、荻窪の台湾郷土料理 「客家亭(はっかてい)」で「フカヒレの姿煮」の実食体験をさせて頂きましたので、ご紹介です。


Google


客家亭(はっかてい)」さんは、まず結論から言いますと2時間弱も結局滞在させて頂いたことからも分かるのですが、楽しい夕食の時間が過ごせる素敵なお店だと感じます。(フカヒレの姿煮は実食体験でご好意で頂きましたが、その他は自腹です念のため)


下記の店内の写真は、かなり遅くまで居させて頂いた帰りがけに撮りましたが、奥の席など常連さんがずっといらしてまして絶えずお客さんがいるそんなお店でした。店内・洗面所なども清潔で綺麗な感じで気持ちよかったです。


常連さんが多い理由も食事をしていくと分かるのですが、お店の方が非常に明るくて、楽しいお話が好きな上品なおばさまでした。私自身は、台湾郷土料理は初めてですが、丁寧に色々と食べ方や香辛料のことも教えて頂きました。

これからご紹介していきますが、日本人が好きなよう若干アレンジしていますというお話のように、兎に角全て美味しく頂きました。2人で来店したのですが、ご覧のようにかなり注文してお腹いっぱいで幸せな気分になれました♪





もちろん今回頂いた「フカヒレの姿煮」や旬のメニューだったソフトシェルの姿揚げ?など、なかなかこのお値段では食べられないてものや日本では珍しいものなど、是非オススメですね。

また、九州の人であれば豚足の醤油煮など単に醤油煮ではなくほのかに八角など色々な香辛料が感じられる台湾風の味付けだったり、台湾で良く使われる沙茶醤(サーチャジャン)を使った牛肉の台湾ソース炒めなど、リーズナブルで美味しいものを、ほぼ出てきた順番でもう少し詳しくご紹介します。


[フカヒレの姿煮 (排翅) 4,300円]
フカヒレの姿煮はお出汁が良く取れていて、でも味は濃すぎず、絶対ソースを残さずに色々なものにつけて食べるのが吉です。フカヒレ自体も繊維がしっかりして、こりこりしていました。



[ピータン (皮蛋) 450円]
また、ピータン好きの私はもう少しアンモニア臭のする癖のある方が個人的にはいいのですが、これはこれであまり食べたことがない人には食べやすいと思います。前半はピータンのみで食べて頂き、後半は葱と一緒に食べますと、変化があっていいですよ。


[豚足の醤油煮込み (紅焼猪脚) 600円]
九州の人であれば豚足でしょう。これ醤油煮とありますが単に醤油煮ではなく、ほのかに香る八角など色々な香辛料が感じられる台湾風の豚足だと思いました。塩でなければこれならありという感じで、意外と煮ているのであっさりしてるので、もう1つ注文したくなる一品。


[車エビのニンニク風味蒸し (清蒸蝦仁) 1,400円]
これはまず食べ方を教えてもらいましょう。エビの尻尾を持って、殻から外せば簡単に食べられます。これも葱とニンニクの風味がマッチしたもので、海鮮があまり苦手な連れでも食べていましたのでグッドでした。これも、もう1つ注文したくなる一品。


[一人で贅沢点心セット 1,880円]
これはお得ですね、まずビールでもOK!! ですが飲み物が付いてきます。そしてお値段の割りにいっぱい種類が少しずつ食べられますので、非常に満足度は高いと思います。ただ、水餃子はないですので別注文してください♪ 女性でもあっと食べられると思います。

一人で贅沢点心セット: ドリンク、揚げ春巻き、フカヒレ蒸し餃子、エビ蒸し餃子、小籠包、焼売、肉まん、特製ちまき、チンゲン菜炒め


[牛肉の台湾ソース炒め (沙茶牛肉) 1,200円]
沙茶醤(サーチャジャン)は台湾では炒めものには必ず使われるといってもいい調味料で、その沙茶醤を使った非常にポピュラーな牛肉の炒め物の料理だと伺いました。これはまず見た目辛いのかな?と思いましたが、それほど辛くないので辛いのが苦手な人でも心配ないです。逆に、私は食べた後に色々な香味野菜が入っているのでしょう、旨味成分が感じられで少し甘いかな?と思えるくらいの美味しさでした。


[ソフトシェルの姿揚げ? 1,480円?]
これはその日のメニューのようで、時価でこんな感じのお値段だったと思います。これは味こそ違いますが、昔アメリカのワシントンDCで良く食べたソフトシェルを思いだしました。4匹程度入っていまして脚ごと揚げてますが丸ごと食べられます。非常に美味しいのでこれも何個でも食べられそうでしたが、終盤で食べたので時既に遅しで1つで止めましたが、これもオススメだと思います。


[エビ水餃子 (水蝦餃) 750円]
これは、メニューの「一人で贅沢点心セット」にはない水餃子なので、オススメと言う事で注文しました。中にはエビが丸ごとドーン!と入っていましてこれも終盤でしたが、あっという間に完食です。


最後に、写真に撮るのを忘れてしまったのですが、ここのお店のいいところは、なによりお店の人達でした。その点は来てみないと分からないのですが、とても上品でお綺麗なおばさまと、厨房には一生懸命調理をさてている時々目が合うと笑って挨拶してくださる2名が対応されていまして、お話をしていてもとても楽しくなる方でした。

ひょんなことで、神楽坂のmojo coffeeで話が盛り上がりまして、ついついご迷惑だったと思いますが長くお話をすることに。そして、出し忘れたビールがあったのでそれを何杯かご馳走して頂きましてラッキーでした♪

最後に「ちょっと飲ませすぎましたかね? でもいっぱい食べましたね、ありがとうございます、また来て下さい♪」と見送って頂けたその笑顔が非常に印象的でした。できれば、知っている人だけにこっそり教えたい素敵なお店「客家亭(はっかてい)」さんなのですが、依頼ということもありブログ読者にだけこっそりご紹介しました。


関係者のみさま、本当に楽しく食事ができる機会を頂きましたありがとうございました。今後ともよろしくお願いします。


P.S. 「OGIKUBO club Doctor
まあ、ここだけでは終わらないのが私のいいところでして、一応音楽関係も記事を発信していますので序でに隣のライブハウスの宣伝もしておきますかwww 帰りがけでも寄ってみてくださいね。

クリックすると高精細(注意:2MB程の大容量)のスキャナ画像で見れます。



COMMENT 0