Russian Muff 完璧トライアングル・ノブ化/HiFi/David Gilmour SW MOD - EH Russian Big Muff Pi

Russian Muff 完璧トライアングル・ノブ化/HiFi/David Gilmour SW MOD

Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。

いや~、これもMOD的にはあまり面白みはなく、こつこつとヴィンテージに忠実に回路を合わせていくという地道な作業のたまものです。これをした後にはどっと疲れます、はい。しかーし、出来上がって弾いてみると、やっぱりうっとりとなって小1時間くらい弾きっぱなしという感じですかな。

やっぱりというか定番のRussian MUFF完璧トライアングル・ノブ化/HiFi/David Gilmour SW MODを施したものです。(しかも、これはVer.1の初期の頃のトライアングル・ノブになります。)

実はこれも私が1個所有しているものと同じレシピで、自宅やライブというよりはリーズナブルな価格での友人用レシピになります。どうもビンテージは恐くて外に出せないんで気楽に外に出せる用ということで評判のMODです、はい。



例のように、こちらもトランジスタも4基ともこちらもFairchild社の2N5133にしていますので、いやー、まんまプレミアムで取引されている初期のトライアングル・ノブ(Triangle Knob)になっちゃいました♪特に2N5133は音的に最も良いとされるFairchild社のものを昔々に探しに探して入手したものを使っていますのでご機嫌です♪(案外知られていませんが、2N5133はECBの脚をクロスすることなく、通常のトランジスタとEBCが逆なので、単に逆さに差し込めばOKです。)

個人的には、トーンスタック部のMODも実は施しており、音作りがし易く実践向きにしていますが、今回はのちのち放出しようとも思っていますので、あまりやるとお高くなりますし、今回はそこまでの気力がなく断念しました。

こちらもやはりプレミアム感プンプンな音を気軽に楽しむ向きですか。もっとも本物のトライアングル・ノブ自体は友人のものを弾いた程度ですが、いい感じだと思います。どなたか当たりの2N5133入手できるところありましたら、本バージョン作って皆さんにも愉しんで頂きたいともおいおい思っています。

MOD内容:

①トライアングル・ノブ化
->今回は全部回路的には一緒にしています。約22箇所のキャパシタや抵抗をトライアングル・ノブの回路定数に合わせ込みトライアングル・ノブ化。しかも、信号の通るラインの390K、8.2Kは1個40円するカーボンコンポジション抵抗を使用することでよりビンテージ感を出しています。


(Ver.1とVer.2の違いは入出力段のバッファーのトランジスターのエミッター抵抗が違います。Ver.1は現行と同じ定数でゲインも比較的高く'60年代風のブリブリいう感じ、Ver.2はより大きくかなりゲインが抑えられたスムーズなディストーションっぽい感じになっています。今回は前者のブリブリいう感じに仕上げています。

ちなみに、これと同じ原理を利用したのがFuzz Factoryのゲート・ノブなんですね。あと、Big MuffのCreamy Dreamer MODは、1) Emitter MOD: 入出力バッファー以外の(場合によってはQ1, )Q2, Q3のエミッター抵抗は"0"、つまりショートさせる、2) Resistor MOD: Q2, Q3に入る直前の抵抗を(通常8.2k (8k2)または、10kを、15K または、 18Kに)大きくしゲインを少し上げたMOD内容を言います。)

②トランジスタ2N5133 4基搭載
-> 初期トライアングルはFS36999なんですが、それと同等のNPN型Bipolarトランジスタ2N5133 4基搭載(ラムズ・ヘッド(Ram's Head)と同じものです。あの本物の歪み感に成功です。


Big Muffにおける各トランジスタの違い(引用元):
こちらに、説明しています。かなり無難な控えめな表現にしていますが、そこの辺は汲み取って頂ければ幸いです。

③David Gilmour化 SW
(トライアングル・ノブのオリジナルサウンドと、あのDavid Gilmour風のサウンド、両方が楽しめるようにしました。
->おやじ世代には堪らないSWになっています。要は試してください。


④電源周りの強化
一部電源周りの220ufキャパシタをオーディオ用のものに変えて電源周りの強化。

青色ダイオード



これのみ、取り忘れたのでSW付ける前の基板裏面になります。


あくまでもご参考です(トライアングル・ノブの良さが分かりましたか?実際に、チューブアンプで聞くともっともっといんですよ)。

Electro Harmonix Big Muff Collection


Electro-Harmonix BIG MUFF π Triangle Knob (early) PTP


Electro-Harmonix BIG MUFF π Triangle Knob (late)


【免責条項】
当ブログに記載している記事によって生じた不具合には一切の責任を負いません何卒ご自身の自己責任で改造の程宜しくお願いします。



COMMENT 0