ピンクラベル BOSS Super Chorus CH-1 新MOD (CE-2化 + HiFi Fast& Deep)

Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。

現行のCH-1と言えば、高域までヌケのいいシャープな効果がウリの現代的なコーラスです。さらに、圧倒的な広がりと自然な立体感も優秀です。



ので、以前これをHiFi& Deep MODしてみました

今回はプレミアムが付き出したCE-2/CE-1化+HiFi& Deep MODの組み合わせになります。最初にCE-2化MODを行いましたが、CH-1よりもより透明感が増したんだけど暖かな感じで、よりエフェクト音が濃い?ように感じ、より自然なコーラスになりました。

CE-5に近いんだけど、またCE-5とはちょっと違う的な感じです、表現が難しいですが何となくCE-2っぽいです、はい(同じとは言いませんが)。

それに、さらにHi Fi& Deep化MODすることで、これ迄の可変レンジに「プラスして」より速いRate、より深いDepthまで得られるようになりました。うーん、これってかなりいい線いってるんじゃないでしょうか?ははは、ちょっと1時間くらい思わず弾いてしまいましたので。。。

boss-ch-1-01.jpg

MOD内容

①CE-2/CE-1化
入力部がCH-1はオペアンプなのに対して、CE-2はトランジスタであり、出力部のオペアンプの前段はCH-1はEQ回路とLEVEL回路があるのに対して、CE-2はなしということで、基本的に全く同じ回路にはなりませんが、その他の回路構成は同じにしました。

例えば、CH-1の1) 入力直後の抵抗と、キャパシタをそのまま差し替え、2) 2個目のオペアンプにあるクリッピング・ダイオード(D3, D4)は取り除く、3) トランジスタ(Q3, Q10)の前段の3つのキャパシタを各々CE-2の0.0033uf, 0,0082uf, 470pfへ変更、4) 出力段のオペアンプの前のキャパシタと抵抗を0.033uf, 47Kへ。


②音の艶や伸びを追加
基本的にはCH-1の音は維持しつつ、主に入出力付近のコンデンサをPanasonic社のECQ-Vで高域の伸びや艶、HiFi感を加えました。

③HiFi化
大容量の電解コンデンサはELNA社の高級オーディオ用TONEREX(リード線は無酸素銅線)に交換しノイズレス化を狙いました。

③Fast& Deep
オペアンプM5225L付近の帰還にある抵抗、およびクロックドライバー「MN3101」付近のセラミックキャパを定数変更し、より速いRate、より深いDepthまでレンジを広げています。

④高輝度青色LED

boss-ch-1-02.jpg

今回の裏のラベルはピンクちゃんです。これもアナログですので見かけたら、即効で買ってください。



【免責条項】
当ブログに記載している記事によって生じた不具合には一切の責任を負いません
何卒ご自身の自己責任で改造の程宜しくお願いします。


良さげなら、これを↓クリック♪

にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ

COMMENT 2

おいちゃん  2010, 09. 01 [Wed] 23:00

CH-1!!!

凄いです!!こんな事が出来るのですね。
もっと具体的に(どの番号の抵抗を何Ωに…等)
教えていただけると、嬉しいです。
私もやってみたいです!!

Edit | Reply | 

Mr.K  2010, 09. 03 [Fri] 02:59

Re: CH-1!!!

> 凄いです!!こんな事が出来るのですね。
> もっと具体的に(どの番号の抵抗を何Ωに…等)
> 教えていただけると、嬉しいです。
> 私もやってみたいです!!

個別には対応していません、済みませんが下記のようなサイトで回路図入手してください。
http://www.schematicheaven.com/effects.htm

Edit | Reply |