BOSS SD-1 Zakk Wylde ZW-44化 MOD

Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。

今日は久しぶりの、新しいMODのご紹介です。BOSS SD-1 MXR ZW-44化 MODになります。2007年頃にあちらアメリカで話題になったMODです。まあ、結局ですね、lovepedal Eternityも、CJODも、ZW-44も、結局はTS-9(およびSD-1)を元に進化したエフェクターなんですね。

lovepedal Eternityも、CJODもTS-9やSD-1の回路をベースにはしていますが、真似だけでは終わらず、彼らなりのフィロソフィーで、そのレイアウトや、定数等を一から考え直して、音の設計に当たっているところは凄いですね。

SD-1_mxr_zw44_01.jpg

Zakk Wylde氏の意向もあったのか、このZW-44はというと、ドライブ回路まではまんまBOSS SD-1です。ただ、Truebypass採用、ドライブ回路のオペアンプ、トーン部の可変領域の変更、およびボーリューム・ノブ以降のバッファー回路の省略、グランドバイアスへの変更(SD-1は4.5Vバイアスです)とそれなりに考えて弄ってSD-1とはまた違ったいいものになっていますね。 (Zakk Wyldeは少なくとも2000年頃にはJCM800にブースターとして(激歪みパートやソロ時には)SD-1を使っていたと思います。(ファンのサイトにライブ時のエフェクターボードにJimi Hendrix Wah、Dunlop Rotovibe、Boss SD-1、Boss CE-5 Chorus Ensembleがあり。)

彼のインタビューからのセッティング例:
JCM800のセッティング:   ゲイン5~6
SD-1のセッティング:   レベル2時、トーン適宜(一般的には10時)、ゲイン2時

それでMXRにZakk Wyldeモデルとして作らせたようなことを何処かでですがうろ覚えにですが聞いたことがありますので納得しました。)


Google

実際に、SD-1ノーマルと、ZW-44両者で聞き較べてみますと、リフ系はやはりこのW-44がシャープな点で分があると思います。ただ、ソロ系になると個人個人で評価は違ってくるかもしれませんが、少しSD-1の方がトーンが甘め(、あるいはあのBOSS特有の若干コモるようなサウンド)なのが分かります。

しかーし、今回のSD-1 ZW-44化 MODになると、ほぼ同じようなサウンドになっちゃいます(サスティーンは流石にZW-44の方がいい感じで長いです)。さらに、音の分離能力の高いHiFi系オペアンプ「OPA2134」なんか搭載しちゃうともうZW-44を軽く超えてしまうと思います。

後は、クリッピング回路を1n914にしてやって、オペアンプをZW-44搭載「MC33178P」なんかに変更してあげて、Truebypassで出力バッファー部を全部省略してあげれば、まんまもうZW-44になると思いますよ、はい。

ということは.....はい、今思われている通りです。安くSD-1購入してちょちょいと改造してSD-1のクリッピング回路を変更してやって、「MC33178P」なんか搭載すればそれだけでも結構いいんですよ、はい。

sd-1_mxr_zw44_02.jpg

MOD内容:

①ZW-44化
ドライブ回路およびトーン回路を中心に抵抗、キャパシタの定数をZW-44化
(但し、出力段のバッファーはSD-1のエフェクタON/OFFのスイッチ構造上残っています。もし回路的に拘りたいなら、Truebypass化してボリュームポットから出力へ直結すれば完璧です。)


②オペアンプの変更
現状、DIP8ピンタイプの高級オーディオ向けデュアル・オペアンプ「MC33178P」がないので、ブルースっぽいイメージでTI製のRC4558Pを載せました。結構いい感じです。
(拘る方は、RS(アールエスコンポーネンツ)で1個210円で売ってます。)

③電源周りのコンデンサ強化:
電源周りの強化ということで各電解コンデンサーを高級オーディオ用とのニチコン MUSE 100uF/50V、銀色メタリックでお馴染み東信のUTSJ! 47uF/50V、10uF/50Vへ交換しました。 -> これにより重低音が締まるとともに、分解能が上がり、(特に低音の)1音1音が潰れることがなくなりました。


高輝度青色LED化
やはりZakk Wyldeと言えば、こういうイメージではないでしょうか?やっぱ、ロックは所詮はかっこ良ければ全て良しです!


Google

しかーしですね、これで終わりではないんですね、はい。ちょっと実物のZW-44と較べてみると、アース側のバイアスがSD-1は4.5Vなのもあってか、やっぱりです。ちょっとゲイン、およびトーンの効きが少なめなんですね、はい。

ZW-44で全て12時セッティングで、SD-1 MODだとゲインで2時、トーンになると3~4時なんですね。


で、次に中を開けて、回路的にゲインを25%少々程ですが上げて弄ってあげますと、大体ゲインでは変わらないところまで来ました。が、まだトーンは同じ状態です。

で、最後に回路的にトーンの効きも30%少々程ですが上げてあげますと、大体ゲイン、トーンともZW-44のセッティングと変わらないところまで来ました。はい、ここまで微調整してやれば、カーンぺきです、はい。
sd-1_mxr_zw44_02.jpg



COMMENT 0