クラウドが生まれて来年で10年です、色々なクラウドが登場しています♪

Subscribe with livedoor Reader

最近のクラウドは単に見かけ上の成長率がいいということで、ビジネスモデルなんて2の次で初めに始めた人勝ちの法則に乗っかろうと、収拾がつかない位に色々なサービスがうごめくカオスの世界になってきています。

下記には色々なクラウドのカオスな世界が上手くまとまっていると思いますが、ここにある上位の会社の中でさえもこれから淘汰されていく時代です。クラウドは完全にIT企業のカテゴリですからドッグイヤーというように彼らは1年で通常する会社の7年分のスピードで仕事をします。

さらに言うとクラウドってどんどんその意味なり、観点が変化していっています。だいぶん前はクラウドって技術でしたが、ちょっと前にはクラウドはビジネスになり、そして最近はサービスの流通モデルとして、Amazonが上手く主導している感じが否めないですね。


例えば、IaaS、PaaS、SaaSを知っているだけじゃだめで、いつのまにか下記のようなサービスに増えてるんですよ、はい。しかし、ここら辺実はカオスな状態を作り出しているのは、どうもいい意味でもインドのエンジニアのようで実際Google Trendを見てもインドからのトレンドが凄いですね。

まあ、マイクロソフトもオリジンがインドのサトヤ・ナデラ/Satya Nadella氏(同社クラウド&エンタープライズグループの元エグゼクティブバイスプレジデント)がCEOになったあたりとか実感できますかね。さらには、最近Cloud 2.0なんていう言葉も出てきています、はい。

SaaP: Service as a Platform (CiscoのLew Tucker氏が言及? 真のクラウド・モデル)

------------------------------------
Testing as a Service
Management/ Governance as a Service
SaaS: Software as a Service(顧客の資産は業務プロセスのみ)
SECaaS: Security as a Service
企業:多数

------------------------------------
BaaS: Backend as a Service (モバイルアプリケーションに特化したクラウドの形態)
CaaS: Capabilities as a service(Hybridクラウド接続)
aPaaS: Application Platform as a Service
Paas: Platform as a Service(顧客の資産は業務プロセス/アプリのみ)
DBaaS: Database as a Service
Hadoop as a Service
DaaS: Desktop as a Service
企業:heroku,sendgrid,bladelogic,picloud,couldshare,cloudflare,action.lo,acquia,cloud foundry,boomr,janrain,appirio,cloudbees,cloudkick,parse,expect labs,github,crowdflower,openstack,zapier,framehawk,dotcloud,bmcsoftware,twilio,cliqr,aster data,rally software,soasta,splunk,july cloud,marklogic,runmyprocess,simply measured force.com qrimp, cloudpassage,snaplogic,new relic,xeroud,cloudlock,cloud9 ide,strip,loglogic,erian,baundary,symplified,okta,appdynamixs,zerto,appfog,alertlogic,rapid7,skytap,standingcloud,acronis,silvertail,spacework,dephix,abiquo,scalextreme,apptio,dynamicops,kapow,veeam,mulesoft,servicenow,square

------------------------------------
MAAS: Metal-as-a-Service(物理マシンをクラウド的IFで使う,ubuntu)
IaaS: Infrastructure as a Service(顧客の資産はハード以外)
HaaS: Hardware as a Service
企業:AWS(amazon),rackspace,redhat,piston,nebula,softlayer,citrixm,couldpassage,actifio,hp,oracle,ucalyptus,nimbula,vmware,joyent,paeallels,terremark,nicira


ちなみに、2006年に提唱されたクラウドの歴史のなかで、サービスという概念に最も近く、現状で直ぐにサービス開始できたSaaSがSalseforceにより2008年に提供されはじめ(Google Trendでは2008年6月から)、その後AWS(Amazon Web Service)が書籍販売のe-commerce用に自前で準備したサーバの余剰リソースを上手く利用して2009年位から提供し始めたのがIaaSです(Google Trendでは2009年5月から)。



各キーワードのトレンド内での記事(アルファベットA~N)
    Saas
  • A: Microsoft Dynamics SaaS Cloud Provider Ignify Designated an Amazon Web Services Partner@San Francisco Chronicle
  • B: Eze Castle Integration Expands Award-Winning Private Cloud Services to Asia @BUSINESS WIRE
  • E: Accenture Launches Private-cloud Service for SAP Customers@PCWorld
  • G: Eucalyptus Private Cloud Software Available on RightScale myCloud@San Francisco Chronicle
  • L: EMC announces VPLEX private-cloud appliance@Computerworld
  • M: Apple iPad, other tablets seen driving SaaS, cloud storage@Computerworld

  • Private cloud
  • C: Cloud Connect Chicago Announces New Private Cloud, Security & Big Data Workshops@MarketWatch
  • D: Moss Adams LLP, BlackLine Systems Offer Guidance on Ensuring Security When Hosting Sensitive Data in a SaaS/Cloud Environment@MarketWatch
  • F: CompuCom Expands Deployment of Unified Situational Awareness Platform to Deliver SaaS Cloud, Blending Event Management and Security Services@MarketWatch
  • H: 5 Requirements for Deploying Your Private Cloud@InformationWeek
  • I: How To: APM In SaaS, Cloud@InformationWeek
  • J: Microsoft teams with six server vendors to offer certified private-cloud stacks@ZDNet
  • K: Interactive Data Broadens Offerings in Its Hosted Content and SaaS Cloud@MarketWatch
  • N: Softwarový mrak SaaS cloud computing@Hospodářské noviny

じゃあ、PaaSはどうかというと最も最近の分野で、SaaSとIaaSの中間に位置するOS/ミドルウェアまで揃えて実行基盤を提供するサービスとしてSaaSやIaaSの裾野が広がっていくうちに自然と発生した領域のように感じます。(Google TrendではIaaSと同じ2009年5月から)

そうそうミドルウェアで思い出すのがOSS(オープンソースソフトウェア)ですね、クラウドではまだミドルウェアより上のレイヤー/ layerは混沌としているため米国ではここを整理するためにこのOSSを共通言語として使おうとしてるんですね、ある意味自然淘汰に任せる感じが、日本のOSSの見方と違っているかと。

実際、全世界で見るとPaaSのNo.1はSaaSの老舗Salesforceの仕掛けたforce.comが、No.2はIaaSの老舗AWSと大きく2分しています。、このクラウド実は米国が一番のトレンド発信元ではなくGoogle Trendを見てもインド、シンガポールからのトレンドが凄まじく多く確実に彼らが何らか今後この関係に加わってきます、確実に。

最後にクラウドでは比較的最近(といっても2009年の6年前ですが)IaaS、PaaSのみGoogle Trendで見てみましょう。例えばPaaSには日本語の記事が一つ入っています。


各キーワードのトレンド内での記事(アルファベットA~N)

何かというと、DevOps(開発運用連携:ある意味敵対関係?だったDevelopmentとOperationが共に協力し合って、短期間で変更していくことでリスクを低くし完成度の高い企業システムをつくり上げていく手法)時代の近年に不可欠な、VMWareが中心にPaaS構築用のソフトウェアをオープンソースで提供している「Cloud Foundry」を紹介していますね。クラウドってプレミアムフリー戦略がいいんでしょうかね、この「Cloud Foundry」でもツールは2カ月は無料でトライアルとして使えその後は有料になるんです。


AWSやCloudStackといったIaaS上でも稼働可能で、つまりはベンダロックインせずにできるのが利点だそうですね。ただ実際に弄るだけならできますが、やっぱりビジネスでも使える環境を突っ込んで構築しようとするとそこにはノウハウが必要で、お高いコンサル料を頂きます、みたいなビジネスモデルなんでしょうね。ご興味があればどうぞ♪

最後にスピードも大事ですが、日本の企業は無理かな? お客さま目線とか、お客さまに良かれとか、結局自分がしたいこと・確固たる戦略がないからスピードが遅い。実態は分析もせず自分のポジションを会社とお客さまのブリッジではなく、完全にお客さまと同じ立場になって自分の身を守りつつ、終身雇用性を傘に時が過ぎるのを無難に待つ。

その結果として、お客さまに振り回されて結局は当て馬だったのが分かった時には時既に遅し、大半は淘汰していく時代です。自分が信じられるものだから提案できる、そんな会社でないと生き残っていけないかと。

COMMENT 0