NAMM 2014 - Diezelから 最新のヘッドアンプ Lil Fokker登場♪

Subscribe with livedoor Reader

さ~て、独 Diezelからまたまた新しくて、シンプルな100Wのヘッドアンプ「Lil Fokker」が NAMM 2014に登場です。クリーン/ cleanチャンネルとダーティ/ dirty チャンネルからなる非常にシンプルな設計で4発のパワー管 KT77(EL34と互換あるためEL34と思ってもらえばいいです)を搭載しています。

さらに、シリアルFXループがありまして、チャンネル切り替え/2つの異なるマスターボリュームを選択する2ボタン・フットSWがあります。あちら海外でのお値段は約25万円($2,499)位になりそうですね。



Google


面白いのはdirtyチャンネルでPremier GuitarのDemo(2:40~)を見れば分かるとは思いますが、極悪デスメタルの歪みさえ望まなければOKで、クランチからリード位かな。VH4 チャンネル3とHerbertチャンネル2+をMIXブレンドして20%位ゲインアップしたHot Rodバージョンだそうです。

一方、cleanはプロトタイプのためもう少しゲインアップする予定だと言っていますが、クリーンからクランチまで充分カバーできそうです。

印象としては、いわゆるあのDiezelのミッドカット・サウンドは伺われないように感じますが、プリ部における中域の分解能が非常に豊かになっています。さらに、あのレスポンス、プレゼンス、ローエンドは健在だそうで楽しみです。しかし、Diezelのモデル名ってツクヅク物理学者から取ってませんか?まあ、どうでもいいですけど。

そうそうどうでもいいこと、もう一つです。デモに出てる丸々とした顔の Peter Diezel氏はもちろん Diezelの創設者で社長さんです、はい。

Diezel 'Lil Fokker
  • パワー: 100W (4x KT77)
  • チャンネル: 2チャンネル [clean/ dirty]
  • 各チャンネルに独立のEQ(Bass/Mids/Treble), Presence, Deep
  • インピーダンス: 4/8/16Ω
  • フットSW付き, 2マスターボリューム

Diezel 'Lil Fokkerのフロントパネル部コンフィグレーション
  • Input
  • CH1(gain1/volume1/treble1/middle1/bass1)
  • CH1<-SW->CH2
  • CH2(gain2/volume2/treble2/middle2/bass2)
  • Master1/ Master2/ Presence/ Deep
  • Stanby SW/ 電源SW
※フロントパネル向かって左から


NAMM '14 - Diezel Lil Fokker Demo


DIEZEL AMP DEMO : LIL' FOKKER with Peter Diezel : Winter NAMM2014
Diezel《ディーゼル》 Herbert ハーバート

Diezel《ディーゼル》 Herbert ハーバート
価格:398,000円(税込、送料別)

COMMENT 0