安部首相の「吾は以て国を靖んずる」靖国参拝に在日米大使館が失望とは?

Subscribe with livedoor Reader

昨日は、阿部首相が靖国神社への参拝をしましたが、それについて同日に在日米大使館から日本のリーダーが日本の隣国との緊張を悪化する行為をとったことに「失望した(期待を裏切った)」とする表明をしたようです。


Google


米国としては、日本とその隣国が過去の慎重に扱うべき問題に向きあい、お互いの関係を改善し、アジアの平和と安定に向けた協力を、建設的な方法で探ることを望んでいる、としています。さらに、首相の過去への反省と日本の平和に対するコミットメントの再確認する表明に(今後)注目しています、とのことです。

まあ、しかしタイミングがいいので事前にそのようなことは米国へはお話をしていたんでしょうね。米国が苦言を呈しておけば大事には至らないと。そこら辺の小技は長けていますが、本質論はなおざりだと....



 
Statement on Prime Minister Abe's December 26 Visit to Yasukuni Shrine, December 26, 2013

Japan is a valued ally and friend. Nevertheless, the United States is disappointed that Japan's leadership has taken an action that will exacerbate tensions with Japan's neighbors.

The United States hopes that both Japan and its neighbors will find constructive ways to deal with sensitive issues from the past, to improve their relations, and to promote cooperation in advancing our shared goals of regional peace and stability.

We take note of the Prime Minister’s expression of remorse for the past and his reaffirmation of Japan's commitment to peace.
 

米国からすると、要は何を期待しているかは靖国神社が云々かんぬん細かなことを言っているというよりは、何故リーダーとしてみんなをまとめられないのか、あなたのリーダーシップに期待したいという表明だと感じます。

A級戦犯を祭ったことが間違いならそれを正し、本来ある靖国神社の思いがなんだったのか、みんなが改めて考え「安来が根の国であるということ」に回帰することを認識しなければならないと感じます。

「赤き直き真心を以て家を忘れ身を擲(なげう)ちて各(おの)も各も死亡(みまかり)にし其(その)高き勲功に依りて大皇国をば安国と知食(しろしめ)すが故に靖国神社と改称(あらためとなえ)


その考え方を日本として整理し、ある意味論理武装した上で海外に向かってその考えをまず説明し、その考えに沿った外交を積極的にしていく時代ではないのかと感じます。さらにいうと、日本にとって靖国神社とはどういう思いがそこにあるのか、それを説明し積極的に中国、韓国と話ができるリーダーでなければなりませんが、その実力がないんでしょうね....

別に自分じゃなくてもいいですよね、逆に親日の中国の方、韓国の方も仲間にして相手を知った上で効果的に周りから固めて進めていけばいいんでしょかね?


COMMENT 0

Designed by Akira.

Copyright © これってちょっと良さげかな~♪ ぷちブログ All Rights Reserved.