クラウドって便利ですが、今後は淘汰の時代!? ある日大事な写真やデータが....

Subscribe with livedoor Reader

最近クラウドは当たり前ですが、知らないうちにサービスが終了していて大事な写真や貴重なデータがなくなっていた、そんな時代がもう来てます。以下に既に知らない間に終了した、あるいはお客さまの大事なデータを消失させてしまった数々のクラウドサービスを紹介しちゃいます、意外と有名どころも平気でサービス終了していますので、他人事ではありません。



Google


特にクラウドが誕生した2006年からクラウドストレージサービスをしてきたあの米国の老舗Nirvanix社が廃業するとするニュースのは業界中に衝撃が走っています。それもそのはず、米Nirvanix社は、約40ペタバイトに及ぶデータを保持・運用するほどの大規模なクラウドストレージサービスでした。(詳細はこちら「老舗クラウドストレージサービスの倒産-Nirvanix-」)

しかし、残念ながら同じ2006年から始めたAWS(Amazon Web Service)やRackspaceなどの総合クラウドサービスに敗れた形で、しかもアナウンス後2週間での停止だからなおさらです。



[事業廃業・サービス停止]

  • 米Nirvanix
    老舗クラウドストレージサービス 2013年9月終了

  • Google
    無料クラウドRSSリーダー「Google Reader」 2013年7月終了/ ユーザー数15万人

  • NHN Japan(LINEの会社)
    無料オンラインストレージ「Nドライブ」 2013年11月終了
    無料オンラインアルバム「NAVER Photo Album」 2013年11月終了
    上記含め9サービス 2013年4月末終了

  • NTTレゾナント
    無料オンラインメール「gooメール」 2013年10月1日終了(有料化へ)

  • リコー
    有料オンラインストレージサービス「quanp」2013年7月31日

  • King Soft
    無料/有料オンラインストレージ「Kドライブ」 2014年2月28日/8月29日終了


また、米国内外のテロリズムと戦うことを目的とした米国の法律「パトリオット法(米国愛国者法)」は東京のデータセンターも米国の会社であれば対象となるため対策が進められているが、日本の会社はと言うとそのような対策はなく今後クラウドの直面する課題は技術面だけではなく、法律的な面でも解決していく必要があり、その点で米国しかグローバルには生き残っていけないかもしれません。

業界的には去年既に提供開始したクラウドサービスは一巡し、メリットだけではなく使ってみて初めて分かった使い勝手の悪さをどうするかの時代になってきています。その意味で2013年からは各課題を解決できない企業の淘汰時代に突入しています。国内のクラウドサービスは国内のニッチな小市場を奪い合う泥沼の戦いが既に始まっているということです。

[データ消失]
  • NTT PCコミュニケーションズ
    パブリッククラウドサービス「WebARENA CLOUD9」2011年5月8日障害発生
    -> その後復旧できずサービス自体から一旦撤退し、2013年また「WebARENA」として再開

  • ファーストサーバ(ヤフー子会社)
    2012年6月 作業ミスをきっかけに顧客5698社のデータがドミノ倒しに消失しほとんどが復旧不可能な状態へ

  • クラウドサービス「さくらのクラウド」
    2011年12月 ストレージネットワーク障害により一部データ消失

  • その他38件のデータ消失の事例(こちらNAVERまとめ)

※損害賠償については、契約上青天井とならないように、キャップがされていて「契約者がサービスの対価としてお支払いただいた総額を限度額として支払う」、つまり客がクラウドサービス会社に支払った額以外はびた一文払わないという結果になっています。要は、これだとそのクラウドサービスを選択した時点で、自分で全データを消す作業をしただけの結果になってしまっています。

[その他の障害]
  • Amazon EC2
    仮想サーバー「EC2」2011年4月障害発生し復旧まで10日

  • Google
    メールサービス「Gmail」2011年2月障害発生し復旧まで数日

  • 日本マイクロソフト
    オンラインサービス 2011年9月障害が発生し全世界規模で約5時間停止

  • 富士通
    クラウド上の自治体向け電子申請システム 2011年11月 DoS攻撃により数時間停止

特に無料が売りのサービスは企業としても利益が出ない限りは(戦略がない、あるいは体力がない限り)継続できませんので注意です、ご自身での自己防衛を忘れずに。かなり大容量になると、マイグレーションというデータ移行をする移行先を確保しておく必要も出てくることになります。

実際私はyahooフォトで写真全部消えちゃいました、バックアップ取ってましたのでいいのですが、中にはyahooフォトにしか入っていないのもあったとは思いますが思い出せないので、いいっか♪

【送料無料】雲のなかの未来

【送料無料】雲のなかの未来
価格:2,310円(税込、送料別)

【送料無料】クラウドコンピュ-ティング

【送料無料】クラウドコンピュ-ティング
価格:1,680円(税込、送料別)

COMMENT 0