Positive Grid社から今度はiPad向けに桁違いのトーン革命 「BIAS」誕生♪

Subscribe with livedoor Reader

こちら「JamUp™ iOSアプリ ~アンプシミュレーション + Multi-FX~」でご紹介しましたiPhoneアプリの続編ということですが、まあ、このブログに来てくれている方は「BIAS」と聞いて何となくその意味するニュアンスは分かるとは思いますが~一応ご紹介です。



Google


  • BIAS」っていったい何なの?

    BIAS」はiPad向けのアンプ・シミュレーター(設計・モデリング・プロセッサ)になります。これ迄にない真空管の温かみ、正確さ、さらには音作りのし易さを一言で言うと「桁違いのトーン革命」という売りのようです。

Positive Grid BIAS - Metal


JamUp™ iOSアプリ ~アンプシミュレーション + Multi-FX~

iPad向けアプリ

iPhone向けアプリ

  • そのトーンは新次元のレベル

    桁違いのトーン革命という高い目標を掲げ、既存の延長上で同じようなものを作ることを禁じるという背水の陣で望んだ結果は..... 全コンポーネントを細心の注意を図って設計することになったようです。

    これによりギタリストがいいサウンドと感じるのみならず、演奏しやすいと感じるような直感的な感覚、レスポンスの感度、そして真空管そのもののリアル感が実現できたそうです。

  • 自由自在にカスタマイズ

    タップ& ドラッグするだけで簡単楽勝の操作でサウンド作りができるようです。

    これ、何度もいいますが直感的でサクサク動作するインターフェースなんですよね~ 色とりどりな真空管プリアンプ、幅広いディストーション回路、古典的なトーンスタック、ブティック系のパワーステージ部、カスタムで組み込めるトランスファー、さらには相性のいいスピーカーを搭載したキャブと即座に交換して演奏できるんですね。

    その結果として、今までのアンプやその他のスタティックなモデラーではあり得ない奥行きとレンジが実現できているようです。

  • 最強の組み合わせとなる「BIAS」+「JamUp

    BIAS」はシームレスで既に発売済みのiPad向けのマルチエフェクター・シミュレーター「JamUp XT」や「JamUp Pro XT」と統合できるため、この「BIAS」を強力かつ完全にライブ、宅録などに際してもプロフェッショナルなギター・システムとして構築できるだけのツールになっています。

    現在の「BIAS」アンプ設定を開く場合に使う「BIAS」の上側のメニュー・バーで、右側にある「JamUp」アイコンをタップするだけで「JamUp XT」か「JamUp Pro XT」かどちらかを直接開くことができます。同じように「JamUp」からも「BIAS」アイコンをタップすることで開くことが出来ます。



Introducing BIAS for iPad


Positive Grid BIAS - iPad Amp Modelling App

COMMENT 0