クラウド×ビックデータ = decide.com 本当!?

Subscribe with livedoor Reader

2010年に設立された「米decide.com」社をご紹介です。この「米decide.com」社は、要は家電の買い替え時期を教えてくれる、今米国では大注目のベンチャー企業なんです。

実際、デジタルカメラやPC、スマートフォン、TVなどの電子機器やデジタル家電を購入した途端に、価格が値下げされたというような悔しい体験を誰もが絶対経験してますよね。

(実はその後、何とあの eBayが decide.comを買収したようで、2013/9/30に速攻でサイトがシャットダウンしています~ これにより、decidee.comは約17億円の出資(今年の初め迄にまず8億円の出資含む)を得ることになるようです。

そして、decide.comの全従業員26名はシアトルの新しいBellevueオフィスに移り、これでシアトルには合計200名以上のebayの従業員がいることになるそうです。)




Google


Thank you from the Decide team
「米decide.com」社のサービスを利用すれば、価格の上昇・下落のタイミング予想が分かるんです、いわゆる「買い替え時期」を教えてくれるサービスなんですね。

  • 買い。価格は下がりそうにない(Buy Prices not likely to drop)
  • 価格が上がる前に買え(Buy Before Prices Rise)
  • 価格が下がるまで待て(Wait For Prices to Drop)

これぞまさにビックデータなんでしょうが、数百のオンラインショップから毎日10万以上の電子機器・デジタル家電の価格データを吸い上げると同時に、何とこれら製品ついて触れているブログやニュース記事、プレスリリースまでも検索して、ニューモデルの発売予定はないかもチェックしてるそうです。

そのデータ量は1日で25GBを超え、全体では約100TBのデータが分析対象となっているそうですが、収集したデータはAmazonのクラウドサービスへ送られ、Hadoopを使って、集計・分析作業に掛けられ、まさにクラウドとビックデータの組み合わせでの成功例だと感じます。

しかもこれらの膨大なデータに対して、コンピュータサイエンスの博士号を持つ同社の4人の社員が開発した、電子機器・電磁たる家電の価格上昇・下落を高精度で予測するアルゴリズムが同社の競争力の源泉になっているということです。

彼らの言葉を信じするなら、86%の確度で2週間以内に価格が上昇するということらしいです。


Decide.com: What To Buy & When To Buy It


Kate Matsudaira, CTO of Decide.com


Decide.com brings crowdsourced product recommendations


COMMENT 0