来た~ とうとうドコモも iPhone販売へ 米国では早ければ9/20から♪

Subscribe with livedoor Reader

さてさて、こちら「サムスンGALAXYブランドは何故2013年冬商戦から外れたか?」で説明した通り、サムスン Galaxyブランドがメインじゃなくなった理由はこれでした。来た~という感じです、とうとうドコモも iPhone販売しま~す♪




Google


やはりドコモさんは、契約数の回復の策として米Appleの iPhoneの新機種の販売を最終兵器として出してきました。こちら「【緊急検証】 iPhone5S・iPhone5C の9月10日発表& 9月発売説!!」でご紹介したように、米Appleは9/10(日本時間 9/11)に米国本社での発表会が決定されており、何とその場で日本のドコモへの供給も公表しちゃうようです。発売は早ければ米国では 9/20だそうです。
しか~し、iPhoneの発売はまた、ドコモとこれまで一蓮托生で歩んできた日本の端末メーカーの衰退に繋がるのも確実となり、国内メーカーにとっては踏んだり蹴ったりな状況に陥る可能性は非常に高いでしょうね。やっぱり、この時代国内メーカーは魅力が海外のユニークな商品には勝てないと言うことなんでしょうかね、残念です。

まあ、一般的な広報の内情も知っている私独自の解釈でドコモの iPhone否定とも肯定とも取れるコメントについて解説したいと思います。まず、我々企業がプレスリリースなどで広報する場合には、嘘は絶対いけませんが逆に嘘がなければ何でもいいのが当たり前となります。これ非常に重要な考え方になります

まず「報道されたような事実はない」などと否定するコメントをよく見ますが、別にそのような方向で交渉していて確実にそうなるとは分かっていても、契約締結するまではそのような「活動」はあってもまだそのような「事実」はないことになります。

また、「当社が発表したことではなく、お話しできることはございません。ノーコメントということでお願いします」と回答した場合でも、(確かにその方向では最終の詰めをしている段階であっても、例え事実であっても)当社が発表したことではなく、(実際にそうなりますが契約上まだ)お話できることはございません。(対応が面倒なのでこの際)ノーコメントということで(対応しきれないのでそこは配慮頂きそれとなく曖昧にした表現で)お願いします」という気持ちだと感じます。

例えば「現時点において、『iPhone』及び『iPad』の取り扱いについて、当社がアップル社と基本合意したという事実はございません」の意味は「現時点において、(『iPhone』を売ることは決まっていますが、『iPhone』と『iPad』の両方を販売するということはドコモはしないことは確実なので)『iPhone』及び『iPad』の取り扱いについて、(『iPhone』を売る基本合意はしていても、そういった『iPhone』と『iPad』の両方を販売するという条件に限っては)当社がアップル社と基本合意したという事実はございません」と読んでいいです。

さらに「(事実なんですが)当社が発表したものではございません。また、現時点において、(事実なんですけど契約上開示できないため、開示すべき、かつ決定した事実はないという意味で)開示すべき決定した事実はございません」と読んでいいです。



COMMENT 0