MAXのニューシングル「Tacata」が摩訶不思議な空気感、見れば納得♪

Subscribe with livedoor Reader

MAXのニューシングル「Tacata」が摩訶不思議な空気感を作ってまして、24時間のマラソン完走の大島美幸さん含め森三中や歌舞伎町2丁目当りのオネエ系の間で流行っているのも分かります、まあ見て頂ければ納得です。





MAX / ニューシングル「Tacata'」MV


SONIC GROOVEレーベル(エイベックス)から発売のこのニューシングルは、実は昨年2012年に本国イタリアはもちろん、スペインやフランスでヒットし、イスラエル、デンマークのチャートでは1位を獲得しました、イタリアの DJ グループ「Tacabro」のラテン系ダンスチューン「Tacata'」のカバーだそうです。



これを聞き、なるほど日本人では完全にカバーしきれなかったのか、MAXのメンバーが情熱の国スペインのセクシーさをカバーしきれなかったのか、はたまた独特なリズムと日本語に翻訳した歌詞がしっくりといってないのが功を奏して?か、この摩訶不思議な空気感を醸し出しているということに納得しちゃいました。

キューバ出身のメインボーカルMartínez Rodrígue氏から分かるように、基本これ(キューバの公用語である)スペイン語なので「アニメオタクなら 涙、汗、タカタ」と聞こえるなど、いわゆる「空耳ソング」として日本でも結構話題になっていたそうです。

ちなみに、「Tacata」の意味・由来はwikipediaには「女性の腰の左右の動き」を意味するTacabroの造語とあり日本語の曖昧さを最大限に生かして上手くまとめているなぁ、と思いましたがもう少し解説です。

海外では何と解説されているかというとスペイン語なのでやっぱりよく分からないらしいのですが、3つのパターン位があるそうです。最初の1.の意味は今回の楽曲を表現するには的は得ています

1.(特に音楽的には)「tacata」は「toccata」の綴りが間違って定着したもの。元々「toccata」は「touched(試し弾き)」から来ていて、主に鍵盤楽器による技巧的な表現が特徴の速い走句(パッセージ)や細かな音形の変化などを伴った即興的な楽曲の意味。

しかーし、もう一方では以下のような意味がありまして多種多様なんですね。「女性の腰の左右の動き」って最後のこれじゃん?とか思って上手い表現とか思いました、はい。

2.一般的には、「(人が)感動した」から「超凄い、頭が可笑しくなりそう」まである音楽を褒める時の人の感情を表す言葉。
 (例) I was tacataed by the song.

3.俗語でいわゆる「ナニをする、アレをする」であったり、その時の音だったり。
 (例) Look at this broad...wow...tacata!


Tacabro - Tacata' OFFICIAL VIDEO


TACABRO - TACATA! Tutorial dei Passi Del Ballo Ufficiale!!!


タカタに夢中(空耳字幕 Ver.) - タカブロ


COMMENT 0