サムスンGALAXYブランドは何故2013年冬商戦から外れたか?

Subscribe with livedoor Reader

サムスンGALAXYブランドは何故2013年冬商戦から外れたか?を私が分析すると下記のような状況だと思います。しかし、それと同時に現在でも韓国サムソンの製品はお得感があれば個人的には絶対買いたい製品ではあるとも感じます。

しかし、このツートップのCMのチェロリスト「2CELLOS」が凄いです。最後にその彼らのオフィシャルPVでマイケルジャクソンのsmooth criminalとNirvanaのSmells like teen spiritを貼っておきます、必見♪


1.他の国内メーカーへの配慮
ソニーとサムソンのツートップを採用した夏商戦は、結果的に失敗だった。と同時に国内メーカーのやる気を削ぎ、国内産業の衰退を誘発してしまった。まだソニーは分かるとして、国内ではない韓国メーカーを優先されては堪らない。



そのためかツートップに漏れたNECはスマホから撤退、(NECにOEM供給して貰っていた)パナソニックも新製品開発を中止と勢い国内メーカーが露骨にやる気のなさを表してきた。他の国内メーカーからもソッポを向かれないよう、あるいは経済産業省からも例の指導があったのか定かではないが、その配慮が考えられる。

Google


2.韓国サムソンにそれ程期待しなくてもいい、期待できない状況を考慮
まず、Galaxy S3に見るような(買った直ぐ後に4コアのS3α出す)小出し作戦が裏目に出たのか直ぐ買うと損をする的な信頼感が持てないためか、(既に同じようにオクタコア版S4が控えているためか)購買層が直ぐに飛びつかず様子見をしていたためか、思ったよりサムスン Galaxy S4の販売台数が伸びずドコモの1番ではなくなった事実がまずある。




さらに、実はドコモはiPhoneを売らないと顧客流出が止まらず一人負けとなっている。これを打破するにはやはりiPhoneを売らざるを得ず、その布石としてApple社との手前もあり韓国サムスンをドコモから排除する必要があったのではないか? それをしない限りはiPhoneが売れない、いやApple社に頼んでも売らせてくれないためとも勘ぐれる。

あるいは、何度もベンチマークの記事「【2013/8/3】 スマートフォンのベンチマーク結果 BEST 5」で述べているようにこれからスマートフォンは中国の時代で既に韓国の時代はないということもある。事実新しい試みのdtabは中国Huawei製であり、別に韓国サムソンに固執する必要もない時代だからです。

3.サムソンは既にお得感がある買いたい製品ではない実情
これ迄のお得感がある製品から、ドコモの1番売れる製品となってしまったサムソン Galaxyシリーズは、不具合が多い割には高過ぎる製品となってしまった。恐らくドコモの1番売れる製品はだからこそ日本レベルの品質が要求されてしまうが、その要求に当然海外メーカーが答えられるとは考えにくい。


またGalaxy S3に見るようにワールドワイドで見ると日本の市場は小さいためかどうしても最新の機種が直ぐに投入できず、結果として買った直ぐ後に4コアのS3αが投入され、納得感さえも最近はない。さらに今回同じようにオクタコア(8コア)版 S4がもう直ぐに控えているため購買層が直ぐに飛びつかず様子を見てしまっている状況も考えられる。


NTT DOCOMO「ドコモのツートップ(2CELLOS)」篇


2CELLOS - Smooth Criminal [OFFICIAL VIDEO]


2CELLOS - Purple Haze - Jimi Hendrix [LIVE VIDEO]


COMMENT 0