和歌山のマグネチュード2.3 地震速報で東海道、山陽新幹線が一時停止、7万3000人影響ですか。。。

Subscribe with livedoor Reader

和歌山でのマグネチュード2.3に関する地震速報で、東海道、山陽新幹線が一時停止し、停電発生で7万3000人影響だそうです。こういうのって、文明の利器が生み出す矛盾ですね。

 緊急地震速報を受け、東海道新幹線の小田原-新大阪間と山陽新幹線の新大阪-新岩国間で、いずれも8日午後4時56分、走行中の全ての列車が停止した。東海道新幹線は午後5時9分、山陽新幹線が同15分に運転を再開した。

 JR西日本によると、緊急地震速報が出ると自動的にパンタグラフから車両への送電がストップするため、車内の冷房なども止まったとみられる。両社によると、けが人や気分が悪くなった人の情報は入っていない。

 東海道新幹線は上下線56本に10~20分の遅れが発生。山陽新幹線も上下線39本が1~29分遅れ、合わせて約7万3300人に影響した。
時事ドットコムより 2013/08/08-20:17)



Google


地震情報(震源・震度に関する情報)
平成25年8月8日17時0分 気象庁発表
きょう08日16時56分ころ地震がありました。
震源地は、和歌山県北部(北緯34.2度、東経135.3度)で、震源の
深さは約10km、地震の規模(マグニチュード)は2.3と推定されます

この地震による津波の心配はありません。
この地震について、緊急地震速報を発表しています。この地震で震度1以上
は観測されていません。
情報第1号



COMMENT 0