Summer NAMM 2013: Blackstarから 最新のエフェクターラインナップ「LT Compact Pedals」

Subscribe with livedoor Reader

Blackstar Amplificationから、良さげなエフェクターが登場です。過去には HT Dual pedalなどありましたが、全く新しい感じです、「LT Compact Pedal Series」と呼ばれる製品ラインナップがSummer NAMM 2013で登場しました。



登場するのは下記の 5つのエフェクターになります。やはりアンプメーカーが作るエフェクターですから、彼ら自身が一番良く知っているはずで今回も何かやってくれそうです。そうです、やっぱりなんですがLT Dist、LT Metal、LT Dualはとうとうあの Blackstarの真骨頂であるISF(Infinite Shape Feature)制御を採用しちゃってます。これは特許出願中の技術だそうでUSA系トーンからUK系トーンまで繰り出せる最終兵器出しちゃいました。

  • LT Boost($79.99)
    ボリュームを上げる、真空管アンプをドライブする、あるいは細かなイコライジングを加えるなど、色々なブーストを提供してくれます。

  • LT Drive($79.99)
    このオーバードライブは実はガッツリした中ゲインまでの Blackstarの HT-Drive tubeの振る舞いとサウンドを再現した、というエフェクターになります。

  • LT Dist($99.99)
    この LT Dist distortionは Blackstarの ISF(Infinite Shape Feature)技術採用のエフェクターで、USスタイル・ゲインからUKスタイル・クランチまでをカバーするそうです。

  • LT Metal($99.99)
    これは、ハイゲインに優しい?エフェクターだそうです、LT Distと同じISF技術採用です。ISFノブにより、USのミッドカット的なハイゲインサウンドから古典的なUKヘビーメタルサウンドまで上質で多様なドライブを提供します。

  • LT Dual($149.99)
    LT Dualはちょっと他のエフェクターよりは大きいのですが、それもそのはず独立の2チャンネル(overdrive/ distortion)になってます。オーバードライブのチャンネルはブーストにより温かみや飽和感を与えてくれ、ディストーションのチャンネルはソロ向きのスーパークランチのゲインアップを与えてくれます。さらにLT Distと同じISF技術採用ですので、上質で多様なドライブを提供します。



さらに、各エフェクターは信頼性の高いバッファーバイパスとサイレントSWが採用され、どうも真空管は使用していないけれど真空管ライクなサウンドに仕上がっているようですね。

Summer NAMM '13 - Blackstar LT Boost, LT Drive, LT Dist, LT Meta


Blackstar LT Series Pedal Demo - Sweetwater at Summer NAMM '13


COMMENT 0