Dell Inspiron 910 どう修理するか、それが問題だ? ~かつて一世風靡したネットブック ~

Subscribe with livedoor Reader

今から約5年前の2008年9月5日に発売された「Dell mini9 (Inspiron 910)」を家族から壊れたということで入手しました。これ、その当時いわゆるネットブック/NetBookと言われて流行ったIntelの低消費電力CPU「Atom N270(1.6GHz)」を搭載した廉価版ノートPCで、まさにその走りでした。





Google


その当時としては画期的な SSD(Solid State Drive) HDDに WiFi機能が標準装備で、ファンレス仕様ということで正に静音仕様のノートPCでしたが、その後iPadやらタブレットやらにその地位は奪われた悲しい負け組のセグメントの代表製品です。

それで、これを修理する序にどう煮て焼いてみようかと調べてみましたが、けっこう面白い。まず、この「Dell mini9 (Inspiron 910)」はマルチOS対応になっています。どのOSをインストールするか今後楽しみです。取りあえずMac OS Xを入れてみて Skypeなどアプリもそこそこ使える環境ならそのままに、そうでなければデフォルトの Windows XPを入れて家族に返そうかと思っています。

  • Windows XP
  • Mac OS X (SnowLeopardの10.6.2からAtomチップを基本サポートしてません。)
  • Linux (Ubuntu 8.04 Dellカスタマイズ版)

しかし、どうもサウンド機能とWiFi機能はやはり各社からドライバーが出ていないと使えないということで、Dell社から対応するドライバーを入れないとダメなようです。まあ対応するドライバはあるのでそれをインストールすれば問題ありません。

さらに、これに搭載の SSD HDDは何と 16Gということ、しかも1/2 mini PCI-E (50mm mini PCI-E)インターフェースで、どうもHDDの仕様は従来の2.5" HDDで一般的であったPATA(パラレルATA)という仕様を採用した非常にコンパクトなSSD HDDです。


まあ、今回壊れた状況も OS起動時に「A disk read error occured/ Press Ctrl+Alt+Del to restart」という表示が出てそれ以上進みませんので、SSD HDDが壊れたという感じです。



でも初めて体験するイベントで、フラッシュって本当にこうなるんだ、ということを身を持って体験するとともに、今使ってるノートPCもSSDなので定期的なバックアップが必要と実感(家族はどうもSkypeやネット接続程度の使用だったので被害はなし)。

それで、どうも海外で検索する時のキーワードとしては「SSD, 1/2 mini PCI(-E)」だそうです。これに必要に応じてご自身が交換したい機種名、例えば私の場合には「inspiron 910」とすれば、そればかりヒットします。(Dellのサイトで、SSD交換方法に関する資料「Dell™ Inspiron™ 910 サービスマニュアル」を公開しているのでこれを利用予定))



次にどれ位の容量がいいか、です。私の持っているのは16G SSDが搭載の「Inspiron 910 プラチナ」というモデルだったようで、最低限の16Gからその候補を探していきます。基本的に私はSPECくん命ではなく、快適に使用することも含めてコスパMAXでパーツを購入する方針の人間です。

そうすると、Mac OS Xをインストールするにはどうも32G位あれば十分なようで(価格は$40程度)、さらに安く手に入れられれば(価格が$50程度なら)64Gが理想という感じで128Gは参考程度に検討するのみになります。

しかし、こういうニッチな製品はあんまり売れないのかもしれませんが、今の時代たった64Gですよ、たった 64Gが8500円というから利益でますよね。東芝の 64G SDカードの1.7倍で売れてますよ、凄い。

mini PCI-E SSDメーカー
  • Super Talent
  • KingSpec
  • Runcore
  • Buffalo

容量別 SSD相場価格
  • 16G  ~$30 (~5300円)
  • 32G  ~$37 (~5500円)
  • 64G  ~$73 (~8500円)
  • 128G  ~$160 (~16000円)
あるいは、こういうコンパクトフラッシュを1/2 mini PCI-e SSD HDDとして使う1000円程度のアダプターとかも Dell Inspiron 910で使えそうか検討しましたが、長さが70mmある通常のmini PCI-E仕様でアウトのようです。1/2 mini PCIは 50mm x 30mmだから。(誰か使えるかどうか知っていましたら教えてください。)



さらに、これメモリもDDR-2(PC2-4200/ DDR2-533) 1Gが搭載されていますので、2Gに数千円程度の予算でアップグレード予定です。ということで、5千円+α程度で不死鳥の如く故障した状態から復活&アップグレード計画開始です。ちなみに、別途、実家に壊れて眠っている一体型 iMacの修理& 復活も考えている今日この頃です。

ちなみに、よくこの「Dell mini 9」はバッテリーが議論されていますが、私のは全く問題ないです。しかも、2つあるLEDのうち右のバッテリーステータスライトと呼ばれる黄色のLEDはさらに掲示板などによく勘違いの議論をしている人がいます。

バッテリーステータスライトは「黄色に点滅すると、バッテリの充電率が低いことを示します。ACアダプタに接続して、バッテリを充電してください。」と「セットアップ ガイド」にあるように、これ本当の仕様はバッテリー残量が低下して初めて点灯するんです。それが、LEDが点かず充電が出来ないという議論にミスリードされているようですね。



Dell Mini 910 Netbook Review


How to Upgrade Your Hard Drive (SSD) in a Dell Mini Inspiron 9 Netbook


How To Install Snow Leopard On A Dell Mini 10v


COMMENT 0