Lenovo MTV CO:LAB AWARDに招待されましたのでご報告♪

Subscribe with livedoor Reader

今回、表参道のOmotesando Hillsにて開催されました Lenovo MTV CO:LAB AWARD (http://www.project-colab.com/)に招待されて行って来ましたのでご報告です。そうですね、まずイベントの状況の前に今回のLenovoはUltrabook、特に「Yoga」を全面に出したタッチ&トライの展示会も併設されたイベントになっていました。









Google


最初に、今回のLenovo MTV CO:LABのファイナリスト(リージョナルウィナー)は作品「TOKYO RUSH」を制作されたYUJI MITSUHASHIさんでした。そうそう、司会でウィナーの発表をされたJoannさんは昔々子供の頃にゴリエと「Pecori Night」のCDを出した子のようです。

各受賞者とも素晴らしかったのですが、やはりウィナーの方が短い時間の作品中でモノクロ基調でシンプルな構成にしつつも、上手くストーリーが表現できているなぁと感じました。





(左からMTV Japan ある本部の本部長さん、May Jさん、リージョナルウィナーのYuji Mitsuhashi氏(株式会社大日所属)、受賞者3名、DJ Kaoriさん、Lenovo Japan マーケティング部長さん?)


そして、展示されていたのは ThinkPadのHelix(名前の由来はDNAのらせん構造をHelixというのですが、そう言った意味でUltraBook初のタブレットとして使える脱着式ディスプレイだから)。




IdeaPadのTwist(Twistの由来はディプレイがツイスト/回転するから)。


今回話題の11"と13"を揃えたYoga(Yogaの由来は恐らく、ディスプレイが逆に折れ曲がる様がまさにYogaのポーズを思わせるという)、以上の3種類。




最後に、タッチパネル式の27"液晶一体型PC「IdeaCentre A720」を展示。


まず最初に、ノートPCとUltraBookはどう違うの?とお聞きしたところ、もともとはIntelがいうUltraBookの特徴を組み込んだものとそうでない従来のものというお話がありましたが、もう少し別の観点でLenovoさんのビジネスの点から見ると、法人系のいわゆるノートPCとしてはThinkPadから、コンシューマー向けのいわゆるUltraBookとしてはdeaPadから当初はスタートしたらしいです。まあ、それにオールインワンPCのIdeaCentreというラインナップが追加されていると。

但し、その後その境界は徐々に明確になくなってきているというお話でしたが、例えば法人系の方がどちらかというと強度の面で強化されているとか、コンシューマー向けの方が新しいことを試みているとかそういう印象があるとのことも言っていましたので、あとはご自分の好みでいいと思いました。

また、昔からIBMのThinkPadユーザーで、(保証もなくなり、あくまで自己責任ですが)何度もHDDやキーボードを変えたりと10年間も使い続けていた人間としては、(現在はパーツのみの販売はまだ対応できていないようですが)昔ながらの全パーツがパーツ番号付きの保守マニュアルは今もLenovoになってもあるとのことで、心強く思いました。


最後に、今回初めて体験した「サイレントディスコ」です。要はこれ多分2.4GHzデジタルワイヤレスヘッドホンのAZDEN(アツデン) MOTO DW-05だと思うのですが、これでワイヤレスヘッドフォンでDJ KaoriさんのDJプレーを聴くって体験です。面白いのはヘッドフォンを外すと、何も聞こえないのに黙々と参加者はノリノリで踊っているという異様な光景でしたwww


レノボ x MTV コラボ企画 COLAB(コラボ)紹介 VJ編


The Pursuit: Lenovo IdeaPad Yoga (Director's Cut)


May J. / Garden feat. DJ KAORI, Diggy-MO', クレンチ&ブリスタ


May J. / ハナミズキ


COMMENT 0