Matamp からとうとう 2013年のアンプラインナップ発表!!

Subscribe with livedoor Reader

さて、Matamp からとうとう真空管アンプの2013年新ラインナップ発表!!ということで、英国の老舗アンプメーカー「MATAMP」から、とうとう待ちに待ちました最新の、しかもわざわざ再設計した上でのラインナップを日本初でご紹介です。




2013年新ラインナップ
Mini-Mat 1チャンネル、4W

1224 MK2 40W or 75W

GT40 1チャンネル、30-50W

GT1 1チャンネル、50W or 100W

GT2 2チャンネル、50W or 100W

GT200 1チャンネル、200W


Google


何度もご紹介していますが、この Matampは全て英国のハンドメイド製で、私も持っていますが非常に良さげなリッチなトーンの真空管アンプを提供しているメーカーです。その理由は、各パーツはもちろんなのですが、肝心の回路が考え抜かれた設計になっているからですね。今までの製品はお世辞でもハイゲインではないですが、ハードロックまでは十分にカバーできる領域をカバーしてます。

例えば、この Matampさんは他のアンプメーカーとは違い年間数台しか作らないアンプがあったりと、そのハンドメイドのポリシーには目を見張るものがあります。なのである限られたUKのお店のみがストックを持てるといった、状況になっています。なので、購入するお客さんも、単に卸にマージンを払うために買うのではなく、このプレミアムなトーンを直接 MATAMPから手に入れるために買う、というほどです。

また、直接 MATAMPから買うことで、お客様も直接自分にあったアンプが理解できている、といいます。MATAMP本店では、スピーカーウォールと呼ばれる 12個同じキャビネットが並べられたところで、でもそれぞれ異なったドライバーを持つキャビネットで、色々試奏ができるということで人気のようです。しかし、一方では発注しても待ちリストがあるようで、お客様が選んだアンプ/キャビネットの組み合わせで出来上がるまでじっと辛抱されているようです。

Matamp - How to build a Speaker Cabinet, Part 1


Matamp - How to build a Speaker Cabinet, Part 2


Matamp 1224GT test.


Video Review - Matamp MiniMat 2

COMMENT 0