プロミュージシャンの間では常識!? 業界シェアNo.1イヤモニター Ultimate Ears♪

さてさて、こちら「Sennheiser CX 400-Ⅱ の偽物(Fake)の真相は如何に?」でご紹介した、偽物(Fake)がまだまだ少なくて安心?「Ultimate Ears」を改めてご紹介です。そのきっかけはiPhoneや Smartphoneなどに使うイヤフォンを探していた時でしたので、最近もまだまだ円高で非常に海外の製品が安く購入できますが、ご参考になれば幸いです。


Google


Ultimate Ears

そこでお薦めなのが、今はスイスのLogitech(日本法人名:ロジクール)に買収されてしまいましたが、プロのミュージシャン向けのカスタムイヤモニターとしては業界シェアNo.1(約シェア75%)のこの会社「Ultimate Ears」です。この会社の設立者ジェリー・ハービー氏はもともとはヴァン・ヘイレンのモニター・エンジニアなどしていた方です。



ということで、Linkin' Parkのヴォーカリストであるチェスター・ベニントンは、携帯プレーヤーでも「Ultimate Ears」のカスタムイヤモニターを使用していると設立者ジェリー・ハービー氏に話したことがトリガーとなって発売されたコンシューマー向けのfiシリーズを最後にご紹介です。日本では国内販売代理店であるM-AUDIOからfiシリーズのOEMモデルも発売されているようです。



このfiシリーズの特徴は「フルレンジ」です。さらに、Super.fi Proシリーズは少なくともイヤフォン断線時には交換用ケーブルが単体で市販されているためケーブル交換のみで修理?も可能なのが売りです、すばらしい!!


で、何でサウンドも「フルレンジ」で凄いかというとこのfiシリーズではないですが、上位機種だと「ブタパナ」とも呼ばれているように2基以上のスピーカーを搭載したモデルがあり、高音域用と低音域用で出力ノズルが分かれているためです。イヤーチップを外した時にこの2つに分かれたノズルの形状が豚の鼻のように見えるためのようですが、何となく凄いイヤフォンであることが分かってもらえると思います。


COMMENT 0