NAMM 2013: Dunlop Fuzz Face Mini

Subscribe with livedoor Reader

Dunlopから、可愛い可愛い「Fuzz Face Mini」登場です。しかも、しかも下記の3種類もシリーズ化しちゃってくれています、ニンマリです。全てLEDのステータス・インジケーターが付いていて、Volume/Fuzzノブからなります。


PremiurGuitarより


Google


これならちょっとエフェクターボードに置けそうです。しかも、嬉しいことに外部電源も電池とも使用できます。





  • Fuzz Face Mini FFM1(Blue/ Fuzz Face Silicon)
    Dunlopが所有している70年製Fuzz Faceの仕様に沿って、Siトランジスタ(matched BC108)を用いた明るめでアグレッシブなFuzz Face。某有名楽器店のブログでは「1970年代のシリコン・トランジスタを使用した」とありますが、騙されないように。


  • Fuzz Face Mini FFM2(Red/ Fuzz Face Germanium)
    Dunlopが所有している66-68年製Fuzz Faceの仕様に沿って、Geトランジスタ採用の回路を使用した暖かなヴィンテージトーンの60年代スタイル。某有名楽器店のブログではでは「1960年代のゲルマニウム・トランジスタを使用した」とありますが、騙されないように。


  • Fuzz Face Mini FFM3(Green/ Fuzz Face Hendrix)
    Jimi Hendrixが実際に「Band of Gypsys」で使用していた1969-70製の Dallas Arbiter Fuzz Faceを忠実に再現したのがJHF1 Hendrix Fuzz Faceですが、よりダークでヴィンテージなトーンになっているとよく言われます。

    そのJH-Fと全く同じ回路を採用し、同じくSiトランジスタ「BC108」を採用しているものの、恐らくはhand-wiredで、分厚くスムーズなトーンが特徴だと思います。


Andertons @ NAMM2013 - Dunlop Fuzz Face Mini


NAMM '13 - Dunlop Fuzz Face Minis, MXR Talk Box, Bass Overdrive, and ....

COMMENT 0