【必見】 最新2011年 Matt Bellamy機材: Guitar Tech VOL. 2 Magazine (2011)

Subscribe with livedoor Reader

さてさて、今日は最新のMuseのギタリスト Matt Bellamy氏の機材をご紹介します。

2003年当時の Muse Matt Bellamyの貴重なインタビュー (1)
2003年当時の Muse Matt Bellamyの貴重なインタビュー (2)
2003年当時の Muse Matt Bellamyの貴重なインタビュー (3)
2003年当時の Muse Matt Bellamyの貴重なインタビュー (4)
2003年当時の Muse Matt Bellamyの貴重なインタビュー (5)

DunlopTV - Muse Guitar Tech, Jason Baskin (Apr 22, 2010)


Electric Guitatr
Manson Guitar (Kaos Pad/ Fernandes Sustainer/ Fuzz Factory搭載)

Double Neck Manson guitar (Aka the Casinocaster)
(上段のネックはフレットレス、下段はフレットあり)


The Keytar (Custom)


Guiatr Amplifier

エフェクター
ラックタイプ

コンパクトタプ

その他

フットコントローラ「Liquid-Foot Pro」で面白いことを発見しました。どうもフットコントローラーのラベルを見ると最近は下記のような組み合わせの使い方がなされているようです。もうFuzz FactoryではなくDiezel + Fuzz Headが通常使われる組み合わせのようです。やはり Marshall + Fuzz Factoryは何らかの理由で使われる曲が限られるのかもしれません。

  • Cry Baby(or Dunlop Rack Cry Baby DCR-2SR) + Blue Box
  • Diezel + Fuzz Head (2パターン)
  • Egnater + Line6
  • Marshallは単独
  • BOSS FV-500H

2012~2013年のMuse機材情報

また、機材としては最近こちら「Matt Bellamy’s Muses: Guitar Tech VOL. 2 Magazine (2011) SCANS」でも紹介されているように、Guitar Tech Magazineで11ページにわたってMatt Bellamy氏の機材が紹介されたようです。







【ギターアンプ】Diezel VH4 [Blue Panel] 【限定品】

【ギターアンプ】Diezel VH4 [Blue Panel] 【限定品】
価格:445,200円(税込、送料込)


COMMENT 0