Mesa Boogieから 4つの Overdrive/ Distortion登場♪ (2)

Subscribe with livedoor Reader

こちら「MusikMesse 2012: とうとう Bognerから 3種類のエフェクター Uberschall, Ecstasy 発売♪」で、アンプメーカーのBognerからエフェクターが発売されたのをご紹介しましたが、今回はとうとうのMesa/Boogieさんです。しかも、何と何との 4つの新しい Overdrive/Distortionエフェクターということで必見です。

Mesa Boogieから 4つの Overdrive/ Distortion登場♪ (1)




Google


FLUX-DRIVE™ Overdrive+
こちらは「+」が最後に付いてるのである程度想像が付くとは思いますが、オーバードライブの美味しいところは何でも全部頂き!!という人向けです。そしてよりウェットな感じのゲインで、よりサスティーンも強化されているので、さっと倍音テンコ盛りなオーバートーンを作り出せますね。

領域で言うと、クランチの少し強めからハイゲインアンプの歪みチャンネルまでという感じだそうです。また個別にトレブル/バス制御できますのでトーン形成も比較的楽かと思いますので、オーバードライブ領域を超えた広範な領域を扱えるプリアンプと言ったイメージでいるといいかもしれません。

Flux-Drive Punk


Flux-Drive Solo Gain


THROTTLE BOX™ Distortion
どんなジャンルのロックでも合うという感じのこちらは攻撃的なディストーションでして、しかしMesa/Boogieという看板に期待される温かみや厚みのあるサウンド品質は維持しつつ、超ハイゲインでも筋肉質な力強さと、古典ロックやブルースで使うためのローゲインの幾つかのオプションを併せ持っている感じです。

さらに、中域を押さえるミッドカット機能がありまして、いわゆる Boogie「V」EQカーブと呼ばれるトーンを作り出せますね。

Throttle Box Metal


Throttle Box Solo Gain


COMMENT 0