ProCo RAT2 Sonicbrew Studio MOD + 昇圧回路 + 3WAY SW

Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。

ディストーションの定番 RAT2をSonicbrew StudioさんがMODしたProCo RAT2 Sonicbrew Studio MOD + 3WAY SW + 昇圧回路になります。

こちらはボディトップが傾斜しているタイプですがUSA製になっています。(現行品と違い、USA製品はある程度パーツがよい物を用いています!)

DSC_4433_R.jpg

MOD内容:

①昇圧回路(恐らく松美庵さんのこの記事「9V電池を17Vに昇圧」と同じだと思います。)
MAX1044と数個のキャパ、ダイオードを用い、16~18Vに昇圧した回路を追加。
-> これでバリンとした非常に腰のある、例えて言うと'50年代的な感じがよく出てると思います。

② 3WAY SW
1) Smoothモード(右:恐らくオリジナルの1n4148対称クリップモード)
2) クリッピングキャンセルモード(中央:一つダイオード外してクリップなし)
3) Regularモード(左:恐らくLED追加して非対称クリップモード)

上記のモードが選択でき、音量の大きさとしては下記の順に音量・中低音が増し、ワイルドなドライブ音になります。クリップなしのモードは本来はこうでなかったと思える位に素晴らしいです。

クリップなし > LEDクリップ > 対称クリップ

②信号系のコンデンサ一部をAVX製メタライズドフィルム、定数も若干変更しています
-> 主に音の低域を追加、また高域の伸び、艶やかさも追加かな?(詳細な分析は後日します)

③複数の電解コンデンサをニチコンのオーディオ用MUSEに変更
-> (特に低域の)の曇り取り。よりシャープなクリア感に!

④オペアンプは初期RATと同じLM308です(USA製はやっぱりこれですね)。
高輝度緑色ダイオード

DSC_4438_R.jpg


全体として、KeeleyのMODとは方向性が違って、腰があり、音にバリンという張りが出ています。
ダイナミックレンジも広がった感じで、こういうの好きな人は好きだと思います。

これも、Filterとボリュームのバランスで結構ご機嫌のサウンドを追い込めると思います。

また、SW中央のクリップキャンセルモードは是非お試しあれ!音のぬけのよさは凄いの一言!
トレブリーで誤魔化しているのではなく、あくまでロー、ミッドの音ぬけで勝負といった感じ。

その他のSonicbrew StudioさんのMODの紹介です。

BOSS MT-2 MOD


BOSS OS-2 MOD


【免責条項】
当ブログに記載している記事によって生じた不具合には一切の責任を負いません
何卒ご自身の自己責任で改造の程宜しくお願いします。


良さげなら、これを↓クリック♪
無料blogサーバー・ホスティングFC2プロフFC2クチコミ広告

COMMENT 0