富士通の最速スパコン「京」輸出へ 資源開発・医療に活用 がんばれニッポン♪ (その後)

Subscribe with livedoor Reader

あ痛いたたたた。とうとう、世界一じゃないとダメなんですか? となりました。やはり恐るべしIBMです、彼らが本気を出すとこうなります。

世界スパコンランキングで米IBM「Sequoia」が首位、「京」は2位に後退
富士通の最速スパコン「京」輸出へ 資源開発・医療に活用 がんばれニッポン♪

「全世界で稼働中のスーパーコンピュータの演算性能を集計するTOP500プロジェクトが、最新のランキングを発表した。首位は米ローレンス・リバモア国立研究所の「Sequoia(セコイア)」。米IBMのBlueGene/Qシステムを採用したもので、LINPACK演算性能は16.32ペタフロップスである。これまで首位だった理化学研究所の「京」は2位に後退した。」とのことです。

Google


「Sequoiaは、米IBMのプロセッサ「Power BQC 16C」(1.6GHz駆動)を約157万コア(約10万チップ)搭載した、低消費電力を特徴とするスパコンである。最大消費電力は7890kWで、今回2位の「京」(約70万コア、10.51ペタフロップス)の12660kWよりも低い。

3位、4位には、同じくIBMが開発した初登場のスパコンがランクインした。3位はIBMのBlueGene/Qシステムを採用した米アルゴンヌ国立研究所の「Mira」。4位はXeonプロセッサをベースとする独ライプニッツ研究センターの「SuperMUC」である。5位は、前回2位だった天津国立スパコンセンターの「天河一号1A」である。」

ということでIBMは1,2フィニッシュは逃したものの、1,3,4フィニッシュです。

LINPACKのベンチマークTop500 (2012/06)
1位 16.32ペタフロップス Sequoia(セコイア) IBM BlueGene/Qシステム
2位 10.51ペタフロップス Fujitsu
3位 8.16ペタフロップス Mira IBM BlueGene/Qシステム
4位 2.89ペタフロップス SuperMUC IBM Xeonベース
5位 2.56ペタフロップス 天河一号1A NSCT

IBM Blue Gene/Q and iDataPlex at ISC'12


Sequoia A Step on the Path to Exascale Computing


SuperMUC: First Commercial Hot-Water Cooled Supercomputer


COMMENT 0