【特許訴訟】 米カリフォルニア地裁 Galaxy Tab 10.1販売を差し止め確定!!

Subscribe with livedoor Reader

こちらReutersの記事「Judge halts U.S. sales of Samsung Galaxy Tab」から、どうも米国ではGalaxy Tab 10.1の販売中止が裁判所から言い渡され、確定したそうです。カリフォルニア州北部地区連邦地裁におけるApple対Samsung Electronicsの裁判の訴訟番号は11-1846。


Google


経緯としてはご存知のように 2010年よりApple v. Samsungとしてカリフォルニア地裁で争われておりAppleの差し止め請求が一旦却下されました。しかし、その後Appleは控訴して日本でいうところの2審の東京高裁に当たる連邦巡回区控訴裁判所CAFCで差し戻され、再度カリフォルニア地裁で争われた結果の判決となります。

判事によれば「サムスンは競争する権利があるが、特許を侵害した製品を大量に販売することによって不公正な競争を行う権利はない(Although Samsung has a right to compete, it does not have a right to compete unfairly, by flooding the market with infringing products)」そうで、ほほ事実審としては確定、つまり Samsungも年貢の納め時、アウトです。

Samsung Galaxy Tab 10.1 - Official Commercial


但し、差し止めのためには Appleは(後で差し止めが万が一不当であった場合のために通常よく裁判所では慣例上行われる)約2億円($2.6M)の供託金を納める必要があり、それをAppleが納めた時点で差し止めが全米中で始まるという非常にSamsungとしては恐ろしい状況となっています。

さて、日本ではGalaxy S3発売もあまり盛り上がっておらず、そろそろ「コピーの乱用」の Samsungの時代は終わりつつあり、昨日発売のNEXUS 7など Googleも台湾ASUSと提携を強めており台湾の時代となる!?か楽しみにしていましょう。



昨日発売のNEXUS 7は、7インチ、1.3GhzのTegra 3クアッドコアプロセッサ、GeForce 12コアGPU、1GBのRAM搭載で、ストレージは8GBで約1.6万円(200ドル)と16GBで約2万円(249ドル)の2通りです。

Introducing Nexus 7



Apple ipad bans Samsung Galaxy


Australia Court Bans Samsung From Selling Galaxy Tab 10.1

COMMENT 0