「人生シミュレーション」機能付き新感覚サイト「IRORIO(イロリオ)」

株式会社セカンドニュースさんから、昨日2012年5月23日(水)より「国内外の旬なニュースを通じて井戸端会議ができるニュースサイト「IRORIO(イロリオ)」をオープン」したということでご招待して頂きました。これ、まずニュースサイトながら、自分のキャラクター(アバター)を「IRORIO(イロリオ)」で設定する新感覚サイトだそうです。



何が新感覚で、何故設定するかというと、「IRORIO(イロリオ)」で公開されている色々なニュースにコメントや意見を投稿したり、評価したりとすることで、この自分のキャラクターが言わば経験値を得て成長していくという点で「人生シミュレーション」機能付きの新感覚サイトということのようです。

しかも、必ずしも経験値が上がるわけではなく、逆に経験値が下がったり、とんでもない買い物をして資産が目減りしちゃったりと本当の人生よりジェットコースター的なところが毎回ハラハラ・ドキドキして新鮮なゲームです。

実際に登録して記事を見ていると例えば、国内でも非常に興味あるニュースが散見されます。

  • 【電気料金】利益のほとんどは家庭向け電力( ゚皿゚)キーッ!! 企業向けは利益ほぼなしの実態が明らかに
    概要:経済産業省によると、全国10電力会社の電力販売に関する調査で、電力の総販売量では家庭向け電力:企業向け=4:6に対し、利益ベースでは家庭向け電力:企業向け=7:3であることがわかった。

    しかし、それよりもショッキングなのは東京電力のようです。東京電力に至っては、電気事業収入(4兆9612億円)では家庭向け:企業向け=49%:51%、利益(1537億円)に対しては何と家庭向け:企業向け=91%:9%と、実に9割の利益を家庭から略取している構図が判明。

今度は世界に目を向けてみますと、ビジネスとして読んでためになるニュースも多いようですね。

  • 世界の企業ブランド価値ランキング発表 1位は2年連続でアップル
    概要:世界の企業ブランド価値ランキングは下記のようになり、米アップルが2年連続首位という結果(ブランド価値は1830億ドル)になった。ちなみに、中国のChina Mobileが10位。

    (ここからは私のコメント:実はこのブランド力含め無形資産が時価総額を決めているというのが一般的な説明として定着しているが、最近アップルもやっと時価総額5000億ドルを超え時価総額5000億ドルを超えた米国の企業であるマイクロソフト、GE(ゼネラル・エレクトリック)、シスコシステムズ、エクソンモービル、インテルの仲間に加わりました。

    ちなみに、このアップルの時価総額5000億ドル(約40兆円)は日本の大手電機メーカー8社の時価総額の合計の約4倍になります。)

    1位 アップル、2位 IBM、3位 グーグル、4位 マクドナルド、5位 マイクロソフト
    6位 コカ・コーラ、7位 マールボロ、8位 AT&T、9位 Verizon、10位 China Mobile

というように、「海外のオモシロネタを沢山取り上げているニュースサイト」であるとともに、「意見投稿で、“人生シミュレーション”が楽しめる新感覚のニュースサイトってちょっと気になるサイト見つけたぁ♪という印象です。

[PR by ブログタイムズ]



COMMENT 0