次世代通信サービス Xi/ クロッシィ エリアはまだまだ強化中(2)

こちら「次世代通信サービス Xi/ クロッシィ エリアはまだまだ強化中」でご紹介したように、各社から次世代データ通信サービスが本格的に提供開始しています。

(厳密には4G標準機関では4GはLTE-AdvancedとWiMAX2のみしか認められておらず、現在提供されているSoftbank 4Gなど含め次世代と呼ばれているものは依然として3世代の技術を用いるため、わざわざ周波数帯域を複数使用することで、見かけ上データ通信速度を4G並に上げている3.9Gとなっています。実際、ドコモでは厳密な4Gデータ通信は2016年からの開始とロードマップ上では計画しています。)

そうなると、今後場合によっては色々と目移りして他社へ乗り換えしてしまいそうな状況もあり得ます。そのために、適切な時期は何時だろう?など検討するための材料として自分用に各社のカバー率のロードマップをまとめてみました。これから他社への乗換えを検討されている方の一助にでもなれば幸いです。

Google


各キャリア毎の 3.9Gサービス比較
キャリア UQコミュニケーションズ ソフトバンク イーモバイル ドコモ
サービス名 WiMAX Softbank 4G EMOBILE LTE Xi(クロッシィ)
料金 3,888円~ 4,980円 3,888円~ 4,410円
対応エリア 95%超 不明
(Xi以下と推測)
93% 25%
通信速度
(下り)
40Mbps
(5Mb/sec)
76Mbps
(9.5Mb/sec)
37~75Mbps
(4.6~9.4Mb/sec)
モバイル
ルーター例
AtermWM3600R


Wi-Fi WALKER
DATA08W

101SI
Pocket WiFi GP02
L-09C
※関東エリアをエリア・マップで見比べても著しくカバー率が低い

各キャリア毎にみる3.9Gカバー率の拡張ロードマップ
サービス開始時期 キャリア サービス名称 カバー範囲
2012年7月末 Softbank Softbank 4G 都内主要都市圏をほぼカバー
2012年9月末 EMOBILE EMOBILE LTE ほぼ都内全域をカバー予定
2012年10月末 ドコモ Xi(LTE) 極一部の東京主要都市のみカバー



WiMAX
ちなみに、基本的にWiMAXはカバー率では飽和状態で今後の拡張予定はほぼなしといっていいと思います。まあ、このカバー率と料金で私はWiMAXに決めたんですから当たり前と言えば当たり前です。

   2012/05/22現在


   2012/07/26現在


EMOBILE
それに比べてLTEなど、他社はこれからですが注目はEMOBILEですかね。カバー率93%と謳っていましたが2012年3月末のあの状況とは違いまして、2012年6月末には都心部のLTEと郊外の4Gの準備はほぼ整います。

が、5月現在ではその隙間のグリーンのドーナツ状の地域が最後に都心の市街地を中心に残ってしまっていますが、今日現在ではそのグリーンのドーナツ状の地域だったところはかなり紫色の領域になりドーナツ現象はなくなっていますね。これを今年2012年9月末にはカバーし終わりほぼ都内全域カバーの見通しだそうです。現状2年の縛りがありますがこれが気にならない方は乗り換えのチャンスは10月ですかね。

   2012/05/22現在


   2012/07/26現在


Softbank
こうしてみると、ソフトバンクは7月末でかなりの人口をカバーできるようですね。しかし、8月以降の予定が不透明で本当に都内主要都市圏のみでコンパクトに閉じる感じですかね。

2012/05/22現在


2012/07/26現在


ドコモ
最後にドコモですが、今年の2012年10月末を以ってしても今の他社のカバー範囲以下です。さぁーて、徐々にドコモは過去の資産を食い潰していっています、そう親の資産を食い潰すどら息子のようです。今はいいのですが、恐らくは3Gの資産を上手く処理して次の投資に繋げないと将来は見向きもされない程の企業に落ちていくと私は思います。

もちろん、これではグローバルでは戦えないです、残念ながら大企業病で壊死一歩手前の戦意を失った武士では戦う前に勝負がついているようですね。

2012/05/22現在


2012/07/26現在





COMMENT 0