AMT社から 4チャンネル 50Wアンプ「Stonehead 50-4」登場

Soldanoのエミレーター!AMT Electronics S1 preamp ♪」や「Bogner Triple Giantのエミレーター!AMT Electronics B1 preamp ♪」など Legend Ampシリーズでもお馴染みのAMT Electronics社から、とうとうソリッドステートなアンプながら JFET採用の4チャンネル 50Wヘッド「Stonehead 50-4」が発売のようですのでご紹介です。


Google


既に日本でも幾つか紹介記事がありますが、なるべく日本で初めての情報も含めてご紹介します。まず昇圧した高い電圧で駆動させるJFET採用により真空管の特性をエミュレートさせたプリ部を持つ4チャンネル(Clean/ Crunch/ Lead1/ Lead2)に、Tube Cakeと同じパワーアンプ技術をベースとした50Wのソリッドステートアンプになります。


2x マスターボリュームでフットSWで切り替え可能だとか、真空管と同じようにRESONANCEやPRESENCEなどのヘビタメ御用達の制御などもあり、真空管アンプと同じような感覚で使えそうな一品です。しかもバイパス可能なシリアル/パラレル FXループ機能までありますが、アンプの重さは驚異的な4.9kgという腰に優しい設計です。


Musikmesse '12 - AMT Electronics Stonehead-50-4 Demo

COMMENT 0